【父の日】お父さんに喜ばれること間違いしの「日本酒」をプレゼント!!

スポンサーリンク

「父の日」それは最も忘れられやすいイベントかも知れません。「母の日」に比べると認知度はかなり低いです。なのでいまだに「父の日ってあるの?」という学生もいるようです。お父さんの存在感の薄さが気になりますが、世の中のお父さんのほとんどが家族のために頑張っています。そんなお父さんにたまにはご褒美をあげてもバチは当たりません。

 

今回は父の日のプレゼントとしてオススメの『お酒』を紹介します。

お酒はお父さんが喜ぶ贈り物の中でも常に上位に入っています。さらに服や財布などのブランド品と比べるとお酒のブランド品は手頃価格で売っているので購入側にもメリットがあります。もし、あなたがお酒が飲める方なら父の日に一緒にそのお酒を飲んで、会話を楽しみましょう。世の中のお父さんのほどんどは家族との会話が少なく寂しいみたいです。父の日だけはお父さん孝行するのも乙なものですよ。

 

酒蔵紹介

酒蔵 「 福美人(ふくびじん) 」 をご紹介します。福美人が立地する、広島県東広島市西条町は、明治時代より、酒造りが盛んに行われてきました。今なお、多くの蔵元が軒をつらねる、白壁の街として知られています。

 

杜氏(酒造りの最高責任者)について

昭和43年、弱冠28歳で杜氏に抜擢されたのが、当蔵の岡田弘俊杜氏です。その岡田を抜擢し、師として酒造りの技を伝えたのが、伝説の名杜氏としてその名が知られる先代杜氏の道面定(どうめんさだむ)でした。その後、38年間にわたり、磨き上げてきた岡田杜氏の酒造りは『 ふっくらとした味の厚みをもちつつ、後口のキレがよく飲み飽きしない 』と評される 福美人の名酒として完成したのです。

 

酒蔵について

恵比寿庫(えびすぐら)、大黒庫(だいこくぐら)の2つの酒蔵を擁しています。現在、酒造りは「大黒庫」をメインに行われています。 恵比寿庫には、今なお、赤レンガの煙突がそびえ立っております。煙突の高さは27mあり、酒の都と呼ばれる酒都西條でも一番高いものです。また、恵比寿庫は、常時見学可能で、当蔵自慢の銘酒が買えるコーナーもご用意しております。ぜひ、訪れてみてください。

 

福美人 大吟醸 西條酒造学校 720ml 2本セット [ 化粧箱入 ]

価格: 5,400円 (税込)

 

大吟醸の2本セットが5400円です。日頃の感謝の気持ちなら5400円は1年に1度なので、高い金額ではないと思います。いろいろ皆さん父の日にプレゼントを何にしょうか迷っている人もいると思います。お酒が飲めないお父さんであれば贈る事の出来ない、プレゼントですが。お酒を飲めるお父さんなら大喜びすると思います。

 

大体父の日のプレゼントの予算は3000円から5000円の間と言われています。5400円なので少し足がでますが、400円は消費税分なので問題はないと思います。常識の範疇と言えます。本当に美味しい吟醸酒なので、プレゼントには最適だと思います。

 

重要な事は値段ではなく、感謝の気持ちの問題です。安くても喜んでくれると思います。今回は5400円ですが、これも気持ちの問題です。値段が高いか安いかはその人の価値観一つですが、先ずは父の日にプレゼントをする事が重要です。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す