GWの疲れはアートで癒す!!『梟コレクション 志條みよ子の眼と愛』が5月13日まで開催中!!

スポンサーリンク

少し渋めのイベントです。こういうイベントで得るものは多いですね。逆な事を書くと失うものはないですからね。積極的に参加してみるのが良いと思います。なかなかこういった機会はありませんからね。絵画に触れる絶好の機会と言えます。

 

こうしたイベントに参加する事によって得た知識は特に中学生・高校生辺りは学ぶべき点が多いと思います。絵画に関しても詳しくなりますし、歴史に関しても詳しくなります。広島に生まれて良かったと思う瞬間です。

 

特に中学生・高校生におススメしたいイベントですね。楽しいイベントに参加するのも良いですがたまにはこういった勉学の為になるようなイベントに参加してみるのも悪くはないと思います。論より証拠で参加してみるのが1番だと思います。

 

広島の画家たちを育てた画廊梟の軌跡

1966~1986年、広島市内の繁華街の一角にあった画廊梟(ふくろう)。梟のオーナーで、文筆家の志條みよ子(1923-2013年)は、戦後間もなく文化人が集まる「酒場 梟」を開業。1966年広島で初の専門画廊として「画廊 梟」に改装し、地元の作家を取り上げ紹介してきた。このたび、志條がコレクションしていた作品が遺族から寄贈された。特別展として主な作品と資料を展示する。

 

詳細情報

梟コレクション 志條みよ子の眼と愛
電話番号 0829-30-8511(公益財団法人みやうち芸術文化振興財団・アートギャラリーミヤウチ)
住所 〒738-0034
広島県廿日市市宮内4347-2
広島県廿日市市宮内4347-2
開催場所 アートギャラリーミヤウチ
開催日 2018年4月14日(土)~5月13日(日)
開催時間 11:00~18:00
備考 駐車場:10台

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す