【広島カープOB】鉄人・衣笠祥雄さんが「上行結腸がん」で死去。71歳の早すぎる死・・・

スポンサーリンク

 

2215試合連続試合出場の記録を持ち、国民栄誉賞を受賞した衣笠祥雄さんが23日大腸がんの為亡くなりました。71歳でした。現役時代は76年に盗塁王・84年に打点王とMVPに輝くなど山本浩二さんとともにカープの黄金期を支えました。鉄人も病魔に勝つことは出来ませんでした。4月19日の横浜対巨人戦では解説を務めましたが声がガラガラ声で少しおかしいなあとは思っていましたが、まさか大腸がんを患っているとは夢にも思いませんでした。

 

仕事に対する意欲が非常に強く責任感あふれる人でした。球界からは余りにも突然の死に衝撃が走っています。現役時代は連続試合出場は勿論、持ち前の打撃センスで、2543安打・504本・1448打点を挙げる超一流プレイヤーでした。サードの守備力にも定評がありました。元々、高校時代は捕手でしたが、プロに入って野手に転向するとその才能は開花しました。そして鉄人と呼ばれるまでになりました。

 

幾ら体が頑丈でもバッティングの結果が伴わなければ、連続試合出場は出来ません。如何に波が少なかったかが分かります。安定感のある打撃はカープファンからも絶大な支持を集めました。確実性が高いミート力と長打力はカープファンの子供達の憧れでもありました。そんな衣笠祥雄さんが最後の解説の仕事をしてから僅か4日後に亡くなるとは周囲も予想するのは難しかったと思います。正直、19日の横浜対巨人の解説では余りに声がガラガラだったのでどうしたのかと思っていました。

 

まさかこんな結末が待っているなんて寂しい過ぎます・・・。まだまだこれからも優しい解説を聞きたかったです。本当に悲しい事です。カープは24日の試合では亡き衣笠祥雄さんに捧げる勝利を挙げました。カープの選手からしてみれば偉大過ぎる大先輩選手の死に勝利で花を手向けたいところでした。しっかりカープは勝利し衣笠祥雄さんに勝利を届けました。急遽飛び込んで来た訃報に驚きましたが、今はご冥福を祈るのみです。

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す