【広島カープ2018】オープン戦|明暗分けた外国人投手2人、ジョンソン投手は今年も頼れる存在!!

スポンサーリンク

先発したジョンソンは6回1失点と安定した投球を披露し、首脳陣に絶好のアピールをした。実績のある左腕投手だけに、今年も先発ローテーションの軸としての活躍が期待されます。これで前回登板に引き続き結果を残しました。ジョンソンは中4日でも投げる事が出来るタフな外国人左腕なので、カープに取っては非常に貴重な戦力です。流石に開幕当初は中4日はしないと思いますが、いざと言う時には、タフネス左腕として活躍が大いに期待されます。普通に投げているだけでも十分頼もしい投手です。

 

ジョンソンに関しては明るい材料のみですが、またしてもやらかしてしまったのがジャクソン。2/3回で5失点でノックアウトされ負け投手になりました。どうも今年のカープは全体を通して投手陣がピリッとしませんね。ジャクソンは良いときは手が付けられない程素晴らしい投球を披露してくれますが、今日のように窮屈な投球になると球が甘めに入り痛打されるケースが目立ちます。

 

ジョンソンの好投をこれがペナントレースであれば、貴重な勝ち星を消してしまうことになります。何せ、今日は4点リードと気楽な場面で出てきて5点を失ってしまっていますからちょっと重傷かもしれませんね。開幕まで1週間を切ったこの時期にこの投球内容は正直頂けませんね。ペナントに入ってもこんな調子だと本当に困ったものです。開幕まであと1週間を切っています。どこで立て直して来るのかに注目をしたいです。そうは言ってもオープン戦は25日が最後です。

 

安定した投球を見せたジョンソンとは余りにもギャップが激しいです。先発の勝ち星を守るのが中継ぎ抑えの大事な仕事です。ジャクソンは普通に投げればそう簡単には攻略されない投手です。少し考えすぎている感じがします。あまり、あれこれ考えないでキャッチャーミットめがけて投げるのが1番のカンフル剤になるのではないかと思います。ジャクソンの復活に期待したいです。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す