【広島カープ2018】カープ唯一の弱点左腕不足を2年目高橋昂也が救う!!

スポンサーリンク

3月11日のヤクルト戦に先発登板した高橋昂也投手は5回を無失点としっかり結果を残した。緒方監督も称賛の声をあげた。4回まで毎回走者を出す苦しいピッチングもヤクルトに点を与える事はなかった。カープの左腕不足は深刻な状態の為、高橋昂也投手が加わるとカープ投手陣に厚みが増す。

 

三振をたくさん取るタイプではなく、打たせて打ち取るタイプのピッチャー。三振をたくさんとるのも見ていて痛快なものですが、1球でアウト1つ稼ぐ事が出来るのも良い。三振を取るには最低でも3球は投げないといけない。三振は要所で取れば良いのですべてのバッターを三振狙いで行く投手はいない。パワーピッチと言われる投球は1試合にそんなに多くのバッターにはしない。

 

高橋昂也投手は相手を交わすのが上手い投手。高卒2年目にしては肝も据わっている。こういう投手が躍動してくれるとカープとしても非常に助かるし、本人のためにもなる。高橋昂也投手は今回の好投で次の登板のチャンスは確実なものにした。問題は次の登板で結果が出せるか出せないかで大きく違って来る。しっかり結果を残して開幕1軍を目指して欲しい。高橋昂也投手の実力からすれば出来るはず。

 

経験はこれから積んでいくもの。時には打たれる時もあるだろうし、快刀乱麻のピッチングをする事もあるだろう。しかし、オープン戦では打たれてはいけない。開幕1軍を目指すのならとことん相手チームを封印する事。これが出来ないと開幕1軍は遠のいてしまう。

 

素材は間違いなく良いものを持っているだけに、高橋昂也投手はしっかりキャッチャーのサインに合わせて投げるだけ。時には首を振っても良い。自分の勝負したい球で打たれたのなら仕方がない。今後の成長が非常に楽しみな左腕だ

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す