【広島カープ2018】2月25日オープン戦|カープ今年の巨人には要警戒!!やはりキーマンはあの男!!

スポンサーリンク

2月25日沖縄セルラースタジアムで巨人の主催試合としてオープン戦が行われた。カープの先発は大瀬良大地投手。1回2死ランナーなしから、迎えたバッターは中日から移籍加入したゲレーロ。大瀬良大地投手の甘く入った140キロのストレートを見逃してはくれなかった。芯で捕らえた打球は打った瞬間ホームランと分かる打球。やはり今年の巨人はこの男に要注意しなければ、大量得点を奪われてしまう。

 

幾らカープの投手陣が盤石と言ってもゲレーロは去年のセリーグホームラン王。しかも前半戦の不振を巻き返し、日本野球に順応して、ホームランを量産した。どこかを怪我して退団したわけではないので非常に厄介な存在になるのは間違いない。今年の巨人は侮る事は出来ない。投手陣は絶対的エース菅野智之以外はそれ程手を焼く投手はいないが、毎試合出場するゲレーロを全打席抑えるのは不可能で、今年の巨人戦で最大のキーマンになりそうだ。

 

カープからすればゲレーロをある程度抑える事が出来れば巨人の得点能力を抑え込む事が出来る。この状況にもっていくのが理想の展開と言える。それにしても厄介な相手が巨人に加入してしまった。逆に中日は得点能力が落ちたので、中日をカモにする事は出来る。中日は投手力も打撃力も弱い。巨人戦で稼げない白星は中日戦で稼げば良い。しかし、これが簡単そうで実はかなり難しい。中日はとにかくしつこい。巨人は淡白なので試合を諦めるのが早いが中日は中々諦めてくれない。

 

今日の巨人とのオープン戦は雨の為、ノーゲームになった為、記録上ハゲレーロはホームランを打っていない事になるが、打たれた大瀬良大地投手は今年も要警戒のバッターと再認識させられた。これがペナントレースでなくて良かった。オープン戦でしかもノーゲームとついていた。ゲレーロはどこのチームに行っても今年はホームランを40本前後打つバッター。移籍先が巨人なのがカープに取っては痛かったとならないようにしっかり研究して欲しい。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す