【広島カープ2018】最強カープの唯一の死角とは!?

スポンサーリンク

2000年代に入って3連覇をしたのは宿命のライバル、巨人が2度しており、カープとしても肩を並べたいところ。キャンプ初日から選手はキレのある動きをみせている。カープの得点力はほかのチームを圧倒する。今年は1番田中広輔が2年連続の盗塁王・丸佳浩が首位打者・鈴木誠也が打点王。そしてきまぐれ助っ人エルドレッドがホームラン王に輝けば打撃主要部門をカープが独占する。正に球界の独占禁止法違反だ。それくらいカープは密度の濃いキャンプを送っている。

 

これだけのタレント陣が揃っている打撃陣に死角は見当たらない。一体どこに死角があるのか?首を捻る人も多いだろう。打撃陣に死角がなければ投手陣か?まさしくその通りで死角は投手陣にある。これだけいい投手が揃っていながら、どこに死角があるのか?皆さんよーくカープの投手陣の主な先発・中継ぎ抑えの投手をみてほしい。何か不足しているものがあるのに気が付いただろうか?

 

カープは深刻な左腕不足なのだ。ジョンソンしか、計算が出来る左腕がいない。中継ぎ抑えに浮いたっては左腕0。今後キャンプやオープン戦で好成績を残し、中継ぎ抑え陣に割って入って来る投手もいないとは限らないが、現状では左腕不足が深刻な状態。ここまでセリーグで圧倒的に強いカープ。しかし、思わぬ所に落し穴があった。特にオフに戦力補強もしておらず、ドラフトでも即戦力左腕は獲得していない。これも緒方監督の、現状の中継ぎ抑えに対する首脳陣の期待の表れか?

 

先発陣は別として、中継ぎ抑えに左投手が現状いないのは正直ダメージはある。セリーグは左の好打者が多い。ワンポイトでも使える左腕投手は最低1人は欲しい。そうすれば最強カープに死角が完全になくなる。ここの差が非常に大きい。1人いるかいないかいるかで相手チームに対するプレッシャーも大きく変わってくる。まだ開幕まで1か月以上もあるそんなに焦る必要もない。しかし、カープにとって中継ぎ抑えの左腕不足は深刻な問題だ。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す