【広島カープ2018】畝コーチ期待の若手は2年目高橋昂也とアドゥワ誠

スポンサーリンク

畝コーチ若手投手の台頭に期待!!

カープの投手陣は他球団に比べ、比較的若いですが、2年目の選手の台頭に畝コーチは期待しています。若い投手の台頭は投手コーチとしては嬉しいものです。今年は2年目の若い投手が1軍キャンプに抜擢されており、キャンプ・オープン戦で結果を残せば開幕1軍も十分狙えます。チャンスは平等に与えられますが、激戦になるのは必至で、選手間同士でライバル心を燃やし、チーム取っては相乗効果となって若手投手の台頭があれば言う事は何もありません。

 

特に期待のかかるのは、高卒2年目の高橋投手やアドゥワ誠投手です。高橋投手は貴重な左腕ですから期待度が非常に高いです。2年目ですが、キャンプは1軍スタート。どこまで1軍でついていけるか?最後までついてきて欲しいですね。これは高橋投手だけに限った事ではなく、1軍経験が浅いかまたはまだ登板経験のない投手にはキャンプでのフリー打撃登板やブルペンでの登板は絶好のアピールの場所になります。しっかりとアピールして、今度は紅白戦。そしてオープン戦と着実に階段を上がっていってほしいですね。

 

今年の春季キャンプは投手陣は実績のある投手は勿論、実績のない投手も1軍キャンプに召集されています。それだけ、期待度が高いという事です。やはり投手は打者を打ち取ってなんぼです。キャンプではフリー打撃に登板しますから、バットをへし折るくらいの気持ちで投げて欲しいですね。それ位の気迫は必要です。相手は1軍の試合にバリバリに出ている主力打者です。

 

その打者からバットへし折ったり、空振りを奪う事で自信にもなりますし、首脳陣の評価も大きく変わってきます。中々粋の良い投手だなと思われたら勝ちです。まだ少し足りないと思われたら負けです。キャンプとはそういう場所です。常に先輩投手と比較対象されてしまうのは仕方がない事です。これだけは何とも言えません。如何に首脳陣の前で良い投球をする事が出来るか?ここが最大のポイントです。

 

首脳陣がいない所で、どんなに良い投球をしてもアピールにはなりませんからね。しっかり首脳陣がいる前で結果を出す事。これが1軍で活躍する為の最善策です。自分の出来る事はする。出来ない事はしない。非常に分かりやすい単純明快な事です。1軍で活躍する為には正念場を経験しないといけません。首脳陣の前だとどうしても力が入ってしまう投手がいますが、ここを如何にセーブできるかです。緊張するのは最初は誰でもそうです。まずはこの正念場を潜り抜ける事です。

 

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す