【広島カープ2018】鈴木誠也合同自主トレに参加も別メニュー…

スポンサーリンク

鈴木誠也合同自主トレに合流!!

今年の自主トレがソフトバンクの内川選手と行う予定でしたが、思ったより右足の怪我からの回復が遅く、内川選手には事情を説明して断りを入れ了承してもらいました。内川選手は気さくな選手なのでいつでも来いよと声をかけてくれたそうです。流石はセパで首位打者を獲得したバッターだけあって器が大きいですね。そんな鈴木誠也選手が、1月18日・マツダスタジアムで行われている合同自主トレに参加しました。

 

キャッチボールやノックそして、フリー打撃と一見順調にこなしているように見えましたが、鈴木誠也選手は「出来ていた事が出来なくなっている。上手くカバーしてやっていきたい」と現在の胸中を激白しました。まだ、外野守備には不安が残るようです。春季キャンプまで2週間を切り、いよいよ臨戦態勢が整った選手が多いです。本来の鈴木誠也選手のポテンシャルからしたら、1軍キャンプ確定ですが、今年は怪我の回復具合もありますから、2軍スタートで良いと思います。

 

無理をする時期ではありませんからね。2軍スタートでも良いと思います。無理にペースアップする必要はありません。無理にここで無理をして折角回復しかけた足の怪我が再燃したら、それこそ本末転倒です。ゆっくりと、時間をかけるべき所はかけて良いと思います。何せ、鈴木誠也選手は、カープの若き4番なのですかた。期待度が非常に高い選手です。「たなきくまる」がチャンスを作り、鈴木誠也選手がランナーを返すのがカープに取ってじゃ理想の攻撃パターンです。

 

今では鈴木誠也選手はただの、若手選手ではありません。カープの顔の4番打者です。鈴木誠也選手も自覚は十分過ぎる程持っていると思います。故障は仕方がありませんが、故障をしたあとのケアが重要になってきます。今まさにその時期を迎えています。鈴木誠也選手はカープに取って必要不可欠の存在です。鈴木誠也選手が不在では流石のカープも得点力が大幅に下がります。開幕に照準を合わせて調整してくれればいいのです。

 

鈴木誠也選手は昨年終盤、横浜スタジアムで、右足を剝離骨折しなければ、打点王のタイトルを獲得していた可能性が高いです。野球に怪我はつきものですが、余りにも勿体ない怪我となってしまいました。今季は3割30本100打点を目指して頑張って欲しいですね。それが出来る選手です。決して無理難題を言っているわけではありません。カープファンも鈴木誠也選手の完全復活を待ち望んでいます。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す