【広島カープ2018】新外国人右腕レオネル・カンポス投手は中継ぎ抑えで起用予定!!

スポンサーリンク

外国人右腕カンポスは中継ぎ抑えで起用予定!!

カープの投手陣を預かる畝投手コーチは新外国人右腕カンポス投手を中継ぎ抑えでキャンプ・オープン戦で適性を見極めながら使っていく方針を語りました。カープの中継ぎ抑え陣はタレントが揃っていますが、そこに大型右腕のカンポス投手が加わる事によってより一層カープの中継ぎ抑え陣は強固なものとなりそうです。カンポス投手も右腕なんですよね。カープの中継ぎ抑え陣は右腕ばかりです。これは巡り合わせなので仕方がありませんね。

 

恐らく、カンポス投手を先発で使う事は考えていないでしょう。ここが非常に大きなポイントですね。現時点では中継ぎ抑えでの起用を明言していますが、最終的なジャッジを下すのは緒方監督なので、どの様な采配をするか楽しみですね。なんでも、カンポス投手は威力のあるストレートに自信を持ち変化球ではスライダーは1番自信があるそです。早く1軍の試合で登板するシーンが見たいですね。そして相手打線を牛耳る投球をみたいです。

 

カープは殆ど、巨人や阪神の様な大型補強をしないチームです。年俸もそんなに高くない選手を獲得し、その選手がしっかり機能するのですから、カープの海外スカウトは外国人選手を見る目がありますね。巨人なんかは高額年俸で獲得した選手が全く働かないのはざらですからね。よく、外れを引きます。それに比べてカープは良い外国人選手を獲得する確率が非常に高いです。巨人の海外スカウト担当者はカープの海外スカウトの爪の垢でも飲むべきでしょう。

 

カンポス投手は成功する可能性が高いと思います。絶対に成功するとは言いませんがかなりの確率で成功すると思います。先発で使えるのなら先発でも良いですし、とにかく剛腕で相手打線をねじ伏せて欲しいですね。そういった投球が出来る投手です。コントロールも問題は特になさそうですからどこで使っても問題はなさそうですね。今の所、今季のクローザー候補1番手がカンポス投手です。1イニングの限定登板なら、かなり相手チームからsたら攻略は難しいと思います。

 

後は、キャンプ・オープン戦と順調に経過すれば問題はありませんね。カープに取っては良い投手をまた一人獲得した形です。やはり角度のあるストレートは相当打ちにくいですからね。そこにストレートと同じ軌道で来る、スライダーにバッターはバットが空を切るでしょう。三振が取れるのは、クローザーの条件の一つです。後はコントロール。この2つがクローザーの生命線になります。カンポス投手の活躍に期待しましょう。

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す