【広島カープ2018】ドラフト3位ケムナブラッド誠投手の下半身は競輪選手並み!!

スポンサーリンク

ドラフト3位ルーキー・ケムナブラッド誠投手の下半身は競輪選手並み!!

1月14日新人選手が、広島大学病院スポーツ医科学センターで体力測定に臨み、持久力や下半身筋力、反射神経、ジャンプ力、メディカルチェックの5項目を測定したところ、ドラフト3位ルーキーの。ケムナブラッド誠投手の下半身が競輪選手並みである事が分かりました。大学時代からトレーニングを欠かしていなかったという事ですが、流石に本人もこの数値には驚きを隠せない様子でした。

 

投手ですから下半身がしっかり鍛えられている事はとてもい事です。後は上半身とのバランスがきっちり保つ事が出来れば、投手として大成する可能性もあります。しっかりトレーニングを欠かさない選手はしっかりこういったデーターに数字が顕著に現れます。競輪選手並みという事は足はパンパンなんでしょうね。凄いです。早くマツダスタジアムの1軍のマウンドで投げている姿を見たいですね。カープ投手陣はコマが豊富ですから、この中に割って入るのは大変ですが、これだけのポテンシャルを持っているのですから、大きなアドバンテージになります。

 

野手では、中村捕手がずば抜けており、投手ではケムナブラッド誠投手が抜けているという結果になりました。プロ野球選手は結果を残してなんぼの世界です。幾ら身体能力が優れていても結果が出なければ意味がなく宝の持ち腐れになってしまいます。そうならない雨には先ずはバランスの良いプロ仕様の体を作る事が重要になってきます。

 

先ずは新人合同自主トレで怪我をしないように徐々にギアをあげていき、キャンプではしっかりと走り込んで更に下半身を強化して、故障のリスクを減らす事が重要になってきます。下半身を鍛えるのプロの選手として当たり前の事ですが、ケムナブラッド誠投手の場合既に競輪選手並みの下半身を持っていますから、後はいかに上半身とのバランスを取れるかになってきます。ここが非常に重要な要素ですね。上手く体船体を使って投球が出来る様になれば、かなり出世が期待出来る選手です。

 

カープファンの皆さんも今は知名度が低い、ケムナブラッド誠投手ですが覚えておいて損はないと思います。将来性豊かな投手です。もしかしたら1年目から活躍するかも知れません。順調に春季キャンプ・オープン戦をこなせば、十分開幕1軍入りも考えられる素質の高い選手です。個人的に注目している選手です。皆さんも今年の新人選手で気になる選手がいると思います。やはり1番は中村選手でしょうか?

 

カープ新人が体力測定

カープの新入団選手たちが14日、広島市内の病院で体力測定を行いました。南区の広大病院に集まったカープのルーキーたち。持久力や反射神経、ジャンプ力など5項目の測定を行いました。下半身の筋力測定で目立ったのはドラフト3位ケムナブラッド誠投手。競輪選手並みの数値をたたきだし新入団選手の中でトップとなりました。引用:広島ホームTV

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す