【広島カープ2018】會澤翼捕手の目標はゴールデングラブ賞

スポンサーリンク

会沢翼捕手今季の目標はゴールデングラブ賞

カープ會澤翼捕手が高らかに今年の目標を宣言した。その目標はゴールデングラブ賞。キャッチャーとしてももはや1流ですが、打撃面でもパンチ力があり、時には大仕事をやってのけます。ゴールデングラブ賞を獲得する為には、先ずは規定打席に到達するのを目指さないといけません。捕手は試合が終わればあざだらけ。非常に疲れが溜まるポジションです。

 

現在カープの捕手は非常にレベルの高い競争をしています。會澤と石原の2人が主にスタメン出場。いぶし銀の活躍が光る磯村。そこに成長著しい、坂倉。そして、ゴールデンルーキーの中村が今年は加わり激戦区となる事は間違いありません。経験値で劣るのは石原だけです。カープ捕手陣の中ではバッティングが1番良いのは、會澤翼翼捕手です。あくまでも昨年までの話。

 

今年は坂倉もある程度使いたいですし、中村も早く1軍デビューさせたいと言う思いがあり、緒方監督が嬉しい悲鳴をあげています。どの選手を使うかは緒方監督は実力主義なので、キャンプ・オープン戦で結果を残した選手です。平等にチャンスは与えられると思うので、誰が1番輝くかですね。ダイヤモンドの原石・中村が台頭してくるようだと、カープファンには堪らないシーズンになりそうです。

 

この辺りも競走していく中で、更に磨きをかけないといけない部分ですね。肩が同程度ならリード面です。ここは石原と會澤翼が経験値で勝っており大きなアドバンテージを握っていますね。こういう所は見習うべき点ですね。豪快なホームランも大きな魅力ですが、ホームランを打った後の守りで、しっかり各投手の持ち味を最大限活かすリードをしなければいけません。ホームランを打った後にリード面で失敗し5点取られたら本末転倒です。

 

坂倉や中村はリード面においてはまだまだ勉強するべき点がたくさんあります。とにかくリード面に関してはしっかり学ばなければいけません。1番良いのは試合に出て実践感覚を養うのが1番です。しかし、試合に使ってもらえないと実践感覚を掴む事は出来ません。1軍と2軍では大きく違います。また、1軍の試合では、1イニングだけでもマスクを被るだけで全然経験値が違ってきます。今季、3連覇のかかった、カープの正捕手の座は誰が掴みのか?いまから楽しみです。

 

広島が合同自主トレ開始 会沢「心が引き締まった」

リーグ3連覇を狙う広島の合同自主トレーニングが15日、広島県廿日市市の大野練習場で始まった。新選手会長の会沢翼捕手は「心がぐっと引き締まった。みんなで最後に喜びを分かち合えるシーズンにしたい」と言葉に力を込めた。

昨季に初めてベストナインに輝いた扇の要は、初のゴールデングラブ賞獲得にも強い意欲を示しながら「キャンプでもアピールしていかないといけない。安心して試合に出してもらうことが一番」と決意を述べた。

昨年はけがで出遅れた抑え候補の中崎翔太投手は「去年よりも、しっかりと体をつくることに重点を置いている。春先から万全でいきたい」とフル回転を誓った。ドラフト1位新人の中村奨成捕手(広島・広陵高)は「最初はすごく緊張した。一日でも早くなじんで、しっかりアピールしたい」と刺激を受けた様子だった。〔共同〕引用:日本経済新聞

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す