【初詣】世界遺産「厳島神社」で初詣!!「交通安全」以外にも「開運」「必勝祈願」にご利益あり!!

スポンサーリンク

街はクリスマスムード一色ではありますが、商業施設になどを覗いて見るとメインはクリスマスなのですが、もうお正月商戦が始まっているのでびっくりしました。まだまだクリスマス真っ只中なのに、お正月の商品に衣替えなので慌ただしさを感じます。この慌ただしさも年末特有の慌ただしさなので年の瀬も迫っているなと感じます。

 

今回は世界遺産・宮島にある厳島神社を紹介します。

 

厳島神社は広島の観光スポット1位2位を争う人気スポットで毎日観光客や修学旅行生や地元の方で賑わっています。普段は観光スポットとして賑わっていますが、神社なので普通に初詣も出来ます。普段から混雑しているスポットですが、初詣の期間中はどうなのでしょうか。

 

厳島神社とは?

推古天皇元年(593)、佐伯鞍職(さえきくらもと)によりご創建と伝えられています。諸説いろいろありますが、「いつき島にまつれる神」という意味から「伊都伎島[いつきしま]神」、「厳嶋神社」等呼称され、現在は、「嚴島神社」となっています。原始宗教のなごりで、島全体が神の島として崇められていましたので、陸地では畏れ多いと潮の満ち引きするところに社が建てられました。ユネスコ世界文化遺産にも登録されており、幻想的な景観を堪能できる神社でもあります。

 

参拝時間と混雑する時間帯は?

【参拝時間】
12月31日(日):06:30~17:00
1月1日(月):0:00~18:30
1月2日(火)~1月3日(水):06:30~18:30
1月4日(木)~2月末日:6:30~17:30

潮の満ち引きなどの関係性もあるので時期ごとに閉門時間がバラバラなのですが、年末年始になるとさらにバラバラになるので時間のチェックはしっかりしておいた方が良いです。

混雑する時間帯

1月1日(月):00:00~02:00、09:00~16:00
1月2日(火)~1月3日(水):09:00~16:00

 

新春イベント情報

・2018年1月1日 0:00 御神衣献上式
・2018年1月1日 5:00 歳旦祭、舞楽1曲奉奏
・2018年1月2日9:00~ 二日祭
・2018年1月2日13:00~ 舞楽2曲奉奏
・2018年1月3日9:00~ 元始祭
・2018年1月3日13:00~ 舞楽6曲奉奏

 

ご利益は?

一番有名なご利益は交通安全ではないでしょうか。さらに現在では清盛の繁栄にあやかり「水災消除のご利益があるとされています。また平家一門の繁栄や、毛利元就のが厳島の戦いで勝利をおさめ安芸国を支配し西国の覇者となったこと、豊臣秀吉が天下統一の目前に厳島神社を参詣したことから開運必勝祈願のご利益もあると云われています。

その他:家内安全、試験合格、商売繁盛、航海安全、縁結び

 

駐車場情報と混雑情報

厳島神社は普段から観光スポットとして盛り上がっているので混雑は当たり前と思って置いた方が良いです。さらに厳島神社は普通の神社と違い開門と閉門があるので中に入れない時間があります。世界遺産にも登録されている神社なのでその人混みは容易に想像できると思います。参拝するだけで1時間待ちは普通なので寒い広島の冬では身体が応えます。ただ日にちや時間帯を少しずらせばスムーズに参拝出来たり年始行事などを見ることも出来るので余裕をもって行動してください。

 

厳島神社初詣2018

厳島神社
TEL 0829-44-2020
住所 〒739-0588
広島県廿日市市宮島町1-1
広島県廿日市市宮島町1-1
アクセス(公共交通機関) 宮島桟橋から徒歩15分
アクセス(車) 駐車場なし。
宮島口桟橋周辺の駐車場に停めることをオススメします。
備考 施設URL:http://www.miyajima-wch.jp/jp/itsukushima/index.html
拝観料金:大人300円・高校生200円・小中学生100円

 

今回は世界遺産・宮島にある【厳島神社】の初詣について紹介しました。厳島神社と言えば交通安全のご利益が有名なのですが、初詣には受験生やビジネスマンの姿を見かける理由は「開運」や「必勝祈願」のご利益もあるからだったのです。普段は世界遺産としてみる厳島神社ですが、この日ばかりは神秘的で幻想的な厳島神社を堪能出来るのではないだろうか。

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す