【初詣】豊臣秀吉が桜樹を植えた御調八幡宮!!歴史と風情感じながら初詣!!

スポンサーリンク

クリスマス前には年賀状を書く作業と言うのが数年前までありましたが、コンピューター機器の進歩が進み家で年賀状を簡単に作れる時代が来ました。そして若い世代は年賀状など書く習慣は無く、ラインなどで簡単に済ませるという時代に到来しました。なんでも勘でも簡略的になるご時世ですが、初詣だけは老若男女時代を問わず正月の風物詩ではないでしょうか。今回は広島の初詣スポットについて取り上げます。

 

今回は厄除け、商売繁盛のご利益がある御調八幡宮を紹介します。

 

御調八幡宮は普段は閑散としており参拝者もちらほらしているのですが、お正月になると多くの地元の参拝の方や遠方の参拝者で賑わいます。開運、厄除けのご利益があるとされる御調八幡宮へは、正月三が日で約3万人の参拝者が訪れます。また春には桜、秋には紅葉が楽しめるスポットでもあります。

 

御調八幡宮とは?

道鏡事件でこの地に流罪となった和気広虫姫(わけのひろむしひめ)が大隅に流された弟・清麻呂公の身を安じて」、宇佐八幡の分霊を勧請して神護景雲3年(769)に創建したといわれています。室町幕府8代将軍足利義政が寄進した木造狛犬(重要文化財)や鎌倉時代の板木(経版木)(重要文化財)、木造行道面(重要文化財)、御神像7体(重要文化財)などを所蔵しています。豊臣秀吉が三原城に滞在中に参拝して境内に桜樹を手植えしたとされる神社としても有名です。

 

参拝時間と混雑する時間帯は?

【参拝時間】
12月31日(日)~1月1日(月):3時頃まで
1月2日(火)以降:8~17時

混雑する時間帯
1月1日(月) 0~1時、11時~14時
1月2日(火) 11時~14時

 

新春イベント情報

・2018年1月1日2:30~3:00 歳旦祭

・2018年1月1日~1月31日 新春写真展

・2018年1月1日0時~17時、1月2・3日8時~17時 新春生け花展

 

駐車場情報と混雑情報

駐車場は境内に約50台の駐車スペースがあります。初詣には例年3万人ほどの参拝者がこられますが満車で車が全く停められないと言うことは少ないようです。公共交通機関を利用しても参拝できるのでご心配の方は交通機関をご利用になられることをオススメします。

 

御調八幡宮初詣2018

御調八幡宮初詣/td>
TEL 0848-65-8652
住所 〒722-1513
広島県三原市八幡町宮内13
広島県三原市八幡町宮内13
ご利益 開運厄除、家内安全、商売繁昌、子宝・安産、学業成就、地鎮祭、その他
アクセス(電車) JR三原駅下車後、三原駅から車で20分
アクセス(車) 山陽道三原久井ICから国道486号経由5㎞8分
備考 参考URL
http://www.mihara-kankou.com/sightseeing/3173

 

今回は御調八幡宮の初詣について紹介しました。普段は静かな神社なのですが、桜の季節と紅葉の季節とお正月の時には地元の人などで活気あふれる神社となります。混雑時には100段近くある石段で足止めを食らうのでしっかり防寒対策をとって参拝してください。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す