イルミネーションロードくれ2017が12月1日からライトアップ中!戦艦大和がイイルミネーションとコラボ!!

スポンサーリンク

12月に入り一気に寒さも厳しくなりコートなどが必要なシーズンとなってきました。冬は寒いのであまり人の往来を感じられませんが、イルミネーションイベントだけは寒さを忘れることが出来るのではないでしょうか。イルミネーションは冬の最大のイベントの1つでもあるので人気イベントの1つです。

 

今回は呉市で行われているイルミネーションロードくれを紹介します。

 

広島県に広島市は県庁所在地なので有名なのは当然でしょうが呉市も観光などで人気のスポットです。呉市と言えば瀬戸内海に面してる場所です。戦争時にはここで戦艦大和などが作られていました。大和ミュージアムを始めいろいろ戦争関連の施設が点在しています。

 

そんなイルミネーションとは無縁の場所のような呉市ですが、この時期は呉市の中心部はイルミネーションで溢れています。普通のイルミネーションではなく呉市独特のイルミネーションなので違った角度から楽しめるのではないでしょうか。

 

開催場所は蔵本通り

冬の呉を彩るイルミネーションはJR呉駅周辺と市街中心部を結ぶ蔵本通りで行われます。呉市らしい海をイメージしたライトアップが幻想的な世界にしてくれます。

 

戦艦大和もイルミネーション仕様に

呉市は戦艦大和の故郷でもあります。なので他の県では絶対に見ることの出来ない戦艦大和を1/20のスケールにしたイルミネーションを見ることが出来ます。全長約13mと大迫力のイルミネーションです。

 

動きのある空母赤城もイルミネーションで

呉海軍工廠で建造・進水した空母赤城も戦艦大和と同じ1/20スケールで再現されています。飛行甲板から飛び立とうとしている艦上機も再現されているので驚きの一言です。これだけ動きのあるイルミネーションは他にはありません。

 

その他にもマニアには嬉しいイルミネーションが!!

旧海軍の資料などを基に大和ミュージアムが復元図を作成し寿工業が製造し寄贈した原寸大の戦艦大和の主錨や呉市広の第11海軍航空廠で製造されていた戦闘機紫電改など呉市を代表するイルミネーションがたくさん展示されています。

 

市民参加のイルミネーション

イルミネーションロードくれの特徴は呉を代表するイルミネーションだけではなく、市民参加型のイルミネーションが用意されており、数多くのイルミネーションが点灯されています。呉市内の中学校、高校、くらはし遣唐使船保存会、企業からの作品も追加され充実しているのでこれだけでも見応えがあります。

 

屋台通りで体も温まる

蔵本通りには通称「屋台通り」と呼べれている一角があり、ラーメンやおでんはもちろんのこと焼き鳥、串カツ、イタリアンの創作料理までいろいろ楽しめます。一般的な露店ではなく屋台なので人数に限りがあるのであしからず。

 

イルミネーションロードくれ2017

イルミネーションロードくれ
TEL 0823-21-0151
イルミネーションロードくれ実行委員会(呉商工会議所内)
住所 〒737-0051
広島県呉市中央2丁目
蔵本通り (こもれび広場、芸術の広場、集いの広場)
広島県呉市中央2丁目
点灯期間・点灯時間 点灯期間:2017年12月1日(金)~2018年1月3日(水)
点灯時間:17:00~23:00
アクセス 【電車】JR呉駅下車後、徒歩10分
【車】広島呉道路(クレアライン)呉ICよりすぐ
駐車場は付近の市営駐車場(有料)などをご利用ください。
備考 入場料
無料

 

今回は呉市で行われている【イルミネーションロードくれ】を紹介しました。一般的なイルミネーションイベントとは違い、呉の特色を十分にいかしたイルミネーションイベントなので一味違ったイルミネーションを楽しむことが出来ます。締めには屋台通りで隠れ呉名物屋台も楽しめるので呉を心の底から楽しめるイベントではないでしょうか。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す