【広島カープ】優勝旅行の真っ只中!!ハワイで「ゆっくり・のんびり」

スポンサーリンク

主力選手の契約更改が11月29日からスタートしましたが、現在は一旦止まっている状態です。なんでかなあ?と思った方もいると思います。カープは現在優勝旅行中でハワイでこの1年間の疲れを癒したり、シーズン中には出来ないゴルフを満喫したりとカープ選手も普段の緊張感ある試合とは全く別の世界にいます。野球の試合は真剣そのもの。相手の投手陣が調子が悪いとどこの球団でもそうですが、全力で取れるだけ点を取りに行きます。

これは情け容赦なくやらないと、プロ野球の世界ですから、相手チームに失礼になってしまうので、点が取れる時はトコトン点を取りに行く事はプロ野球の世界では当たり前の事です。どんなにリードしていても守っている時は緊張します。別にここでエラーをしても大丈夫だろうと考える選手はカープにはいません。確かに15点差開いていれば、エラーの1つや2つで試合はひっくり変える事はありませんが、ここでしっかり締まったプレーをしないといけません。

この記事を読んでいる方の中で草野球を楽しんでいる方も多いと思います。そこで「締まって行こうぜー」と掛け声をかける事があると思います。これのプロバージョンが広島東洋カープと言うチームの守備力アップに大きく貢献しています。たかが1点位良いだろうではダメなのです。徹底して失点を阻止する守りをしなければシーズン中はいけません。現在は全くのノンプレッシャーの優勝旅行でハワイをカープナインは家族らと共に来ています。

今は、カープナインは1年間で最もくつろげる12月。それを優勝旅行という最高の形で息抜きが出来ているのはとても有意義な事だと思います。来年は日本一になって、更にグレードアップした、優勝旅行といきたいところです。全てはペナントレースでしっかりと結果を出した後に今年突破出来なかった、クライマックスシリーズファイナルステージを突破し、日本シリーズに出場して、日本一に輝く事です。

カープのニンジン作戦は、優勝旅行の最中でも行われています。下交渉で大体の年俸提示額を受けているものと推察出来ます。非常にカープに取っては契約更改が順調に進んでくれないと困るので、こういった優勝旅行の最中も下交渉を行うのがプロ野球の世界では慣例となっています。年俸と言うのは選手のモチベーションアップに大きく繋がりますからね。これだけ活躍したのだから、最低ラインは譲れない選手も出てきます。フロントがどう対応するか見ものですね。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す