【カープコラム11月27日】主力選手の契約更改は11月29日(水曜日)からスタート!!

スポンサーリンク

昨年に引き続き今年も見事リーグ優勝を成し遂げ、昨年に続き連覇を達成した広島東洋カープ。主力選手はしっかりと役目を果たし、年俸の大幅アップを勝ち取る選手が多い。過去、カープで1億円プレイヤーは最多で7人。来季は7人もしくは大盤振る舞いで、過去最多の7人以上の1億円プレイヤーが誕生する可能性がある。連覇を成し遂げる事は非常に難しい事なので、クライマックスシリーズファイナルステージで敗退し、日本シリーズ出場は逃したが、査定には影響は殆どない。

 

野手で最も評価が高いのがセ・リーグMVPに輝いた、丸佳浩選手。コンスタントにヒットを放ち、ホームランも20本、打点も100に迫る勢いでカープの窮地を今年も何度も救ってきた。今季年俸1億4000万円から、2億円の大台突破は確実な情勢。野手でトップ評価なのだから、2億円の壁は軽々超えてきそうだ。流石に倍増はないが、最大で1億円アップが予想されている。こればかりはカープのフロントがどこまで出すかにかかっている。

 

鈴木誠也選手も1億円の大台に届きそうだ。終盤右足剝離骨折で離脱したが、そこまではチームをしっかり牽引してきた若き4番。球団が期待すると事も大きい。剝離骨折は公傷扱いで、年俸は1億円を超えるとみられる。田中広輔選手も1億円プレイヤーの仲間入りをはたすのが確実な情勢になっている。これでタナキクマルの3人は全て1億円プレイヤーになる。カープの看板だけにこの3人には今後も期待したい。

 

投手で評価が最も高いのが中崎投手。中崎投手は安定した投球が評価され、投手陣の中ではトップ評価。1億円の大台を超えるのが確実視されている。薮田投手の評価も高い。今季は15勝3敗と百々たる投球内容。1点だけ残念だったのは規定投球回数に到達しなかった事。これは非常に勿体なかった。規定投球回数に到達していれば最高勝率のタイトルはものに出来たが、大瀬良大地投手に最高勝率のタイトルを譲る形となった。

カープ内の選手でのタイトル譲りなので、悪くはない。そして大瀬良大地投手がしっかり規定投球回数に到達し、タイトルを獲得できたのも素晴らしい。この2人も年俸の大幅アップが期待できる。年俸はプロ野球選手にとってはステータスでもある。1億円プレイヤーと言う言葉は非常に心地良い言葉ですね。今季1億円に達しなかった選手でも継続は力なりなので、今年の分は来季の活躍にかけて欲しい。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す