秋葉原にも広島の味が…「らあめん 広」は 東京ラーメン界の新興勢力!?

スポンサーリンク

 

現在は東京でも、スタンダードの東京ラーメンの店よりも日本全国のラーメン店が目立つような状況です。何でもそろっている東京の事、広島ラーメンの店もオタクと電気製品の街、秋葉原にあるのです。JR総武線の高架下を浅草橋寄りに少し歩くと「らあめん 広」のノレンが目に入ります。店内は14~15人入れるぐらいのスペースになります。店内中央に色々なカープグッズが置いてあります。

 

店主もカープの赤ヘル以前の花文字のHマークの紺の帽子をかぶってらっしゃるからさぞコアなファンでいらっしゃるのか、と思いきや店の内装は赤ヘルの赤を連想させる赤い物があまり見当たりませんね…と思ったところお箸は真っ赤っ赤でした!こんな所にカープのチームカラーが隠れていたのですね!

 

スタンダードなメニューの「らあめん」は、スープがトンコツの旨味の効いた、醤油色で澄んでいる東京ラーメンとはっきりと違った個性があります。表面には脂の膜がかかっていますが、これがあるから最後まで熱いスープが楽しめる訳ですね!麺は、博多の豚骨ラーメンの物に近いですが、よくよく味わってみればチュルンとすすりやすく、喉越しもスムーズなのが分かると思います。

 

具に目を向けてみると、バラ肉のチャーシューは4枚と結構ボリューミーです。他の地方のラーメンと比べて、お得感が違いますね!この枚数でしたら東京の人はチャーシューメンと勘違いしてしまうんじゃないでしょうか?ネギもモヤシもシャキシャキの歯触りが絶妙です。因みにネギは関東のネギの青い部分を使っているとの事です。

 

他にも醤油味ベースの辛いつけ麺や汁無し担々麺など、辛党向けのメニューも充実しています。つけ麺は食べ終わった後にタレをスープ割りして飲めば2度楽しめます!そしてチャーシュー丼といったサイドメニューが充実しているのもありがたいですよね!東京でも広島の味を楽しめる店がここにもあるのです。お好み焼きの店は東京でもかなりメジャーになった感はありますが、広島ラーメンももっともっと有名になって欲しいと思える味です。東京スカイツリー内にも名古屋のひつまぶしや大阪のタコ焼きの店があるように、もっと色々な東京名所に広島ラーメンの店が出来れば、広島から出張で来た方も手軽に楽しめて、東京の方もファンになる事は間違いないでしょう!

 

らあめんは1杯700円、替え玉は1杯100円です!

らあめん広(秋葉原)

らあめん広(秋葉原)
TEL 03-5839-2979
住所 〒101-0025
東京都千代田区 神田佐久間町2-25
東京都千代田区 神田佐久間町2-25
営業時間 11時30分~15時00分
18時00分~22時00分
定休日 日曜日・祝日
備考 平日でも昼のみ営業の場合があるのでツイッターのチェックが必要です!

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す