【広島カープ】ベストナインに「タナキクマ」含め5人選出される!

スポンサーリンク

ベストナインカープから5人選出!!

17日ベストナインが発表され、カープからは曾澤翼捕手。菊池涼介選手。田中広輔選手。鈴木誠也選手。丸佳浩選手の5人が受賞した。受賞した5選手は文句のない選出だろう。発表される前から確実視されていた菊池涼介選手。鈴木誠也選手。丸佳浩選手の他に激戦を制した田中広輔選手に曾澤翼選手も受賞した。今季もカープの赤いユニフォームが躍動した。ベストナインを取る事は簡単な事ではない。

 

それぞれ受賞した選手は喜びを口にした。その中でも最も喜びを爆発させたのが田中広輔選手「まさか取れるとは思わなかった」は素直な本音だろう。下馬評では巨人の坂本勇人選手の受賞が濃厚と言われていただけにうれしい初受賞となった。やはりベストナインの競争相手も宿敵巨人の選手。4位とは言え最後まで横浜とクライマックスシリーズ争いを演じたチーム。来季は、更なる強化をしてくる事が予想され今シーズンはカモに出来たが、来季は甘く見ると幾らカープが強くても痛い目に遭う。

 

今年の巨人はカープに取っては巨人銀行とも言える有力なスポンサー的存在だった。大きく勝ち越し貯金を巨人戦で大きく稼いだ。巨人戦での貯金が大きく、ものを言った。来季も今年同様に巨人をカモにしたい所。今年カープからベストナインは5人。来季は完全制圧を狙う。決して夢物語ではない。カープの選手なら出来る。ベストナインをカープナインで総取りしたいところだ。

 

カープナインも来年は全ポジション取ってやると思っている事だろう。しかし、全ポジション完全制覇は極めて難しい。その為、ベストナインで選ばれるには守備と打撃の両方で投手以外は一定の成績を残さなければいけない。投手がその中でも1番難しい。今季の様に巨人の菅野智之投手のように、完全無欠に近い成績をおさめられるとどうにもならない。沢村賞を受賞した時点で、ベストナイン確定と言っても良い。カープ投手陣も菅野智之投手と争えるレベルの投手がいないといけない。

 

今季のカープ投手陣も奮闘したが、ベストナインの受賞は投手部門では取れなかった。来季は投手部門でもしっかり獲得したい。ベストナインがカープの選手で独占するという事は、来季のカープは当然3連覇を達成する事になる。カープのポジションでベストナインに1番厳しいのがレフト。1年間エルドレッドが出場出来ればいいが故障が多い。故障だけはどうにもならない。故障をしない体つくりもプロ野球選手としては重要だ。

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す