【契約更改】堂林翔太選手が3年連続減俸で1500万でサイン!【広島カープ】

スポンサーリンク

堂林翔太3年連続減俸。来季は背水の陣で挑む!!

堂林翔太選手が、13日秋季キャンプが行われている、宮崎市内で契約更改を行い150万円ダウンの1500万円でサインしました。これで3年連続の減俸となり、堂林翔太選手も来季は背水の陣になると心に決めて誰よりも秋季キャンプで力を入れて振り込みなどをしています。ポジションこそ違え、堂林翔太選手が結果をなかなか残せない中、鈴木誠也選手が能力を覚醒させ、年俸面でも大きく水を開けられてしまいました。

 

サードで勝負をかけたい堂林翔太選手。(イップスで実際にはサードは厳しいみたいです。)ライバルが多いポジションですが、一番能力が覚醒した時に合っているポジションがサードです。強い打球がドンドン飛んできます。その為、守備練習も猛練習が必要です。正直なところ堂林翔太選手にはこれと言ったセールスポイントがないのが1番痛い所。セールスポイントがあれば何も言う事はありませんが、際立った能力が今の所ありませんが、覚醒すればやはり1番は打撃になってくると思います。

 

野村謙二郎前監督時代は、サードのレギュラーで育て上げる方針で成績があまり良くなくてもレギュラーポジションを与えられていましたが、緒方監督になってからは、小窪、安部、西川選手と競争になっています。安部選手は守備範囲が広く足が速い。西川選手は守備はまだまだだが、上手く打撃センス抜群。この様にセールスポイントがあるのです。セールスポイントがあるとないとでは首脳陣から見ても、セールスポイントのある選手を起用したがるのはプロ野球の世界では鉄則です。

 

堂林選手には先ずは打撃を磨いて、守備も同時進行で磨き、クタクタになるまで、秋季キャンプではレベルアップするしかありません。素質が開花されるのを待っているカープファンは非常に多いです。秋季キャンプが終われば、シーズンオフ。つかの間の休息に入ります。優勝旅行もありますが、今季の成績では正直あまり気持ちが良いものではないでしょう。来季は堂林がいたから、この試合を勝てたと言う存在にならなければいけません。

 

やはり、チームの勝ちに大きく貢献するのは打撃が1番です。ここその時の打撃が非常に重要になってきます。やはりホームランは1番華やかですが、堂林選手はホームランバッターではなく、基本的にアベレージヒッターだと思います。タイムリーヒットの延長線上にホームランがあると考えれば良いと思います。点がどうしても欲しい時に走者を返す役割をキチンと果たす事が出来れば評価もうなぎ登りだと思います。

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す