広島カープが日本シリーズに出場できなかった理由は?

スポンサーリンク

日本シリーズが開幕もカープの姿がないのはやはり寂しい

クライマックスシリーズファイナルステージで横浜に敗れたカープ。ソフトバンクとの日本シリーズにコマを進めたのは横浜ベイスターズ。分かっていてもカープの選手の姿がないのはやはり寂しい。カープに日本シリーズに出場して欲しかったファンも多いはず。出られないのは仕方がない。負けたのだから。クライマックスシリーズファイナルステージまで間隔が空き過ぎたか?しかし、昨年も同じ間隔で、横浜ベイスターズを下している。

 

クライマックスシリーズファイナルステージで明暗を分けたのは2日連続で雨天中止になった。この雨天中止が横浜ベイスターズに味方した。条件的に横浜ベイスターズはファーストステージから戦っているので、投手陣は休養できた。特に中継ぎ投手陣は楽になってしまった。カープ中継ぎ投手陣は疲れもなかったが踏ん張りが効かなかった。これが実践間隔の大きな差とも言える。カープに取っては厳しい戦いになってしまった。

 

打撃陣も奮起する事が出来なかった。クライマックスシリーズファイナルステージの最終戦が全てを物語っている。投手陣は打たれ、打撃陣は殆ど先制した後は反撃が出来ない。ペナントレースで圧倒したカープの姿はそこにはなかった。何故か、普段通りの野球が出来なかった。昨年経験している、クライマックスシリーズファイナルステージ。今年は選手が硬くなってしまった。普段通りの野球が何故か出来なかった。

 

初戦は雨天コールド勝ちしたが、その後4連敗し、まさかのクライマックスシリーズファイナルステージでの敗退となった。カープに取って思ってもいなかった現実がそこにはあった。それはカープファンも同じ。勢いを失ったカープ。26日のドラフト会議では広陵高校の中村選手を、中日と競合の末、抽選で交渉権を引き当てた。相思相愛の関係で、入団するのは時間の問題。ドタフト会議は上手くいった。その後にカープは日本シリーズと言う青写真だったが、それは叶わなかった。

 

日本シリーズに出場すると言う事はクライマックスシリーズが始まってからは更に難しくなった。導入前までは優勝すれば日本シリーズに出場する事ができた。その優勝する事が難しい事なのだが、カープは今年連覇を決めた。後はクライマックスシリーズファイナルステージを突破するだけだった。カープには優勝チームのアドバンテージ1勝が与えられたが最終的に2勝4敗で横浜に敗れた。来年は3連覇して、日本一になって欲しい。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す