【カープ・ドラフト2017】中日との競合で中村奨成捕手の交渉権を見事引き当てる!!

スポンサーリンク

 

今年のドラフトの目玉選手でもあった広陵高校の中村奨成捕手を中日も1位指名し、カープと一騎打ちになった。50%の確率の抽選。交渉権を引き当てたのは、カープだった。カープは中村奨成捕手について、「数十年に一人の逸材。勿論捕手で使う」と交渉権獲得後担当スカウトからのコメンンとが発表された。一部マスコミでは、内野手転向説もあったが完全に内野手転向を否定した。

 

カープは、クライマックスシリーズファイナルステージの敗退から2日。今日はついていた。どうしても欲しかった広陵高校の中村奨成捕手。1/2の抽選になったが外す事は出来ない。しっかりと交渉権を獲得した。相思相愛の中村奨成捕手を獲得する事が出来たのは非常に大きい。今年のドラフトは早稲田実業の清宮一色だったが、7球団が清宮幸太郎選手を1位指名した。北海道日本ハムファイターズが清宮幸太郎選手の交渉権を獲得。中村奨成捕手はカープ。履正社高校の安田選手は千葉ロッテにそれぞれ1位指名された。

 

高校生BIG3はどの選手もドラフト1位で予想通り消えていった。とにかくカープに取っては中村奨成捕手だけは絶対に獲得したかった選手。しっかり交渉権を獲得出来たのは大きい。今年のドラフト戦略で中村奨成捕手が獲得出来なかったら、カープの皮算用は大きく狂ってしまう。中日との抽選はカープに取って交渉権を譲るわけにはいかなかった。

 

カープに取って今日は大仕事を成し遂げた。カープはとにかく中村奨成がとにかく欲しかった。カープは今年のドラフト会議で6人の選手を獲得した。中村奨成捕手を交渉権を獲得出来た事によって、2位以下の選手を目論み通り獲得出来たドラフト会議となった。今年のドラフト会議は100点満点と言っていい。非常に収穫が大きいドラフト会議となった。やはり、ドラフト1位がしっかり獲得出来ると2位以下の選手は予定通り獲得する事が出来る。今年はそれが出来た。

 

バランスの取れたドラフト会議となった。この後、日本シリーズにカープが出場しないのは寂しいが精一杯戦った上で敗れたのだから仕方がない。やるべきことは全てやり尽くした上での結果。ドラフト会議で獲得した選手は、先ずはマツダスタジアムで活躍するのを目指して頑張って欲しい。中村奨成捕手もいきなり開幕1軍とはいかないかも知れないが、数年後にはカープの扇の要になっている可能性がある。

広島カープドラフト会議2017指名選手

順位 選手名 所属 守備
1位 中村 奨成 広陵高 捕
2位 山口 翔 熊本工高 投
3位 ケムナ・ブラッド誠 日本文理大 投
4位 永井 敦士 二松学舎大付高 外
5位 遠藤 淳志 霞ケ浦高 投
6位 平岡 敬人 中部学院大 投
育成1位 岡林 飛翔 菰野高 投
育成2位 藤井 黎來 大曲工高 投
育成3位 佐々木 健 小笠高 投

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す