【広島カープ】運命のドラフト会議2017-広陵高校中村奨成捕手は中日との競合か・・・-

スポンサーリンク

 

明日運命のドラフト会議

カープは清宮争奪戦から早々撤退し、広陵高校の中村奨成捕手の1位指名を公言している。今夏の甲子園では6本のホームランを放ち、清原和博(元オリックス)の持つ5本の1大会のホームラン記録を破ったスラッガーであると同時に捕手としても非常に強肩が魅力の選手。まだまだ粗削りの部分があり、1年目から1軍で使うと言う事は終盤に少し使う程度だと思われる。しかし、将来のカープの主砲候補であるのは間違いない。

後は横やりが入らないで1本釣りが出来るかが大きなカギになってくる。1本釣り出来れば言う事はない。今の所横やりを入れそうな球団は中日の可能性が高い。、これだけは明日になってみないと分からない部分が多い。不思議なもので横やりを入れられない球団と頻繁に横やりを入れられる球団がある。カープは中村奨成捕手の1本釣りに先ず成功するのではないかとみられている。一方、巨人は、履正社高校の安田選手を1位指名すると公言した後にロッテも1位指名を公言。ロッテは巨人にとっては因縁の相手で、過去に長野久義・石川歩と横やりを入れられている。

 

カープはそういった面では特にドラフト会議では因縁の相手はいない。しかし油断は出来ない。油断は出来ないと言っても、他の球団が指名してしまったら、抽選で交渉権を引き当てるしかないのだが・・・。それがドラフト会議の醍醐味でもある。今年は外れ1位でもかなり良い選手が残っている可能性が高い。昨年は田中正義投手に5球団が競合。ソフトバンクが交渉権を引き当てた。そして外れ1位で佐々木千隼投手に5球団が競合した。今年も外れ1位の競合は避けられない情勢になっている。

 

カープは何としても中村奨成捕手が欲しい。高校生BIC3の1人である中村奨成捕手。今年の高校生BIC3は全員野手。早稲田実業の清宮・履正社高校の安田・広陵高校の中村。この3選手は他の高校生とはレベルが違う所謂、超高校級スラッガーだ。将来性がかなり高い3選手。この中で清宮幸太郎選手の注目度が異常な程に高いが、安田選手・中村選手も競合して何らおかしくない選手。カープに取っては、クライマックスシリーズファイナルステージ敗退を明日のドラフト会議で忘れされたい。

 

しかし、今週の土曜日から日本シリーズが始まる。カープファンが先行抽選予約で当たっていた人にとっては超高倍率を潜り抜けせっかくマツダスタジアムのチケットを入手したファンに取っても痛恨の極み。これで、中村奨成捕手を獲得出来なかったら痛すぎる。

 

中日は25日、都内でドラフト会議前日のスカウト会議を開いた。前回会議では5人としていた1位指名候補の中から、広陵・中村奨成捕手(3年)を選ぶ可能性が高くなった。(日刊スポーツ)

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す