【広島カープ】ルーキー濱口遥大投手に敗れる!10/20先発予想(カープ)クリス・ジョンソンVS(DeNA)井納翔一

スポンサーリンク

クライマックスシリーズファイナルステージ第2戦は横浜に軍配

(10月19日・マツダスタジアム・●広島2対6横浜〇)

今日は9回までフルイニングが無事行われたがカープは残念ながら敗れた。これで対戦成績は2勝1敗となった。今日は投打が噛み合わなかった。先発野村も我慢が効かなかったこれが大きい。ペナントレースでは我慢が効いたシーンもポストシーズン独特の雰囲気であと1人でピンチを脱出する場面で痛打を浴びるなど、やや精彩を欠いた印象はある。

 

これが実践感覚から離れた投手の厳しい現状と言ってしまえばそれまでだが、それだけでは済まされない。実際野村祐輔投手は昨年のクライマックスシリーズファイナルステージで登板して勝ち投手になっている。言い訳は出来ない。今日は完全に終始横浜ペースだったのは否めない。上手い感じで点を取られた。試合巧者のカープのお株を奪われた形だ。今日の所は完敗と言わざるを得ない。横浜もシーズン3位からの下剋上を目指すとあって、なかなか骨のあるチームだ。

 

しかし、今日はカープは敗れたが、今日の負けは明日に持ち越さない事。それが1番大事。毎試合先発投手は違うし、バッターの調子も違う。天候だって昨日の様な土砂降りの雨が降る事がある。1試合ごとに状況は変わってくる。今日は完敗と割り切ってしまえばいい。別に王手をかけられたわけでもないし、切羽詰まった状態でもない。カープは追い詰められてから力を発揮するチーム。

 

明日はしっかりとカープペースで試合を行えば結果は自然とついてくる。マツダスタジアムは今日も真っ赤に染まった。こんな環境で野球が出来るカープナインは非常に幸せだと思う。他の球団よりもファンが熱狂的に応援してくれる。負けても優しいし、勝てば一緒に喜んでくれる。こんなファンがいるカープは非常に恵まれている。ファンの為にもクライマックスシリーズファイナルステージは絶対に突破しなければいけない。パ・リーグは楽天が連勝し、2勝1敗とした。

 

明日は王手をかける一戦にして欲しい。何としても日本一にならなければいけない。その為ののは絶対勝ち抜かなければいけないのが、このクライマックスシリーズファイナルステージ。クライマックスシリーズが導入される前は優勝チーム同士の日本シリーズだったが、導入後はペナントレース3位までに入ったチームまでが日本一になる権利を持っている。セ・リーグも・パ・リーグも3位のチームがクライマックスシリーズファイナルステージに進出している。カープも油断は出来ない。

 

DeNAがファイナルステージ第2戦を制した。DeNAは3回表、宮崎の適時打で2点を先制する。5回には、2死満塁から代打・乙坂が2点適時打を放ち、リードを広げた。投げては、先発・濱口が7回2失点の好投。敗れた広島は、先発・野村が要所を抑えられなかった。(スポナビ)

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す