【広島カープ2017】ドラフト2位候補に横浜高校「増田珠(しゅう)」外野手

スポンサーリンク

広島カープがドラフト(2017)2位で獲得しそうな選手

横浜高校の増田珠選手は強肩強打俊足の選手。横浜高校の渡辺監督もモノが違うと称賛する程、その野球センスは、高校生の中では1枚抜けている存在。清宮幸太郎選手が注目されている中、ドラフト3位までにはなくなる選手だと考えられます。出来れば2位で指名したい。その球団のスカウトの力が試される選手の代表格の選手。チームの方針もあるので、2位で指名出来なくても、3位はカープは2位指名の後、折り返しで指名できるので3位でも最悪は問題ない。

 

とにかくこの選手を取ると、数年後カープのスピード野球は完全に黄金期になる。カープもただ指を加えてみているわけにはいかない。増田珠選手はカープに取っては獲得しておきたい選手。カープのカラーに合っている。カープのスカウト陣が清宮争奪戦に参戦しない理由は「スピードがある選手が欲しい。ウチの野球に合わない」これが大きな理由なのでそういった意味では増田 珠選手はカープ野球に合っている。後はカープの育成力でどこまで化けさせることができるか?

 

高卒ルーキーでいきなり1軍で活躍する選手はいない。最近では松坂大輔投手(現ソフトバンク)くらい。清原和博も大活躍したが、タイトルは獲得していない。新人王のみ。松坂大輔投手は最多勝を獲得している。やはりタイトルを取るのと取らないとでは大きく印象が違って来る。プロ野球の世界でタイトルを取る事は非常に難しい。毎年の様にタイトルを取っている選手でも楽には取れない。

 

増田珠選手を2位指名した時のあくまでも仮想の話ではあるが、出来ればカープに来て欲しいが希望球団は横浜か?そこを口説き落とすのがスカウトの仕事であり、フロントの仕事である。時には緒方監督が直接出馬する事もある。流石に緒方監督を出馬させておきながら、取れませんでしたは通用しない。洒落がきつすぎる。現場の最高指揮官を投入して、獲得出来ない事ほど痛い事はない。ただ、希望があくまでも横浜であって、どこの球団でもOKの選手なのでそこまで交渉が難航する事もないだろう。

 

カープが2位で獲得したい選手はまだほかにもいます。その選手はまた追って詳しく近日中に紹介します。カープと聞くと大体の野球ファンは機動力野球のイメージを頭に浮かべると思います。実際カープの真骨頂が機動力野球です。今年は田中広輔選手が盗塁王に輝きました。今後もドンドン足の使える選手が1軍のレギュラー争いに加わって欲しいですね。

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す