【広島カープ】2017年のドラフト会議で2位指名しそうな選手は?隠し玉で花咲徳栄高校の西川愛也外野手はどうでしょう?

スポンサーリンク

 

広島カープが今年のドラフト会議で2位指名しそうな選手

ドラフト1位は広陵高校の中村選手と言う仮定のもと、ドラフト2位指名しそうなカープが獲得しそうな選手を勝手ながら検討してみました。しっかり1位で中村選手を獲得しておきたいですね。ここで中村選手が獲得が出来なかった場合、カープに取っては痛恨の極みと言った所です。かなり痛いですね。多くの球団が早稲田実業の清宮幸太郎選手に注目する中、清宮幸太郎内野手は「ウチの野球に合っていない」とカープは清宮幸太郎選手争奪戦には参戦しないことを明言しています。

 

カープが2位指名しそうな選手。今夏の甲子園で、優勝した花咲徳栄高校の西川愛也外野手。バッティングセンスは相当高いです。典型的なアベレージヒッターです。パンチ力もあり長打もあります。足も速くカープ野球に適していると思います。花咲徳栄高校は、埼玉県の高校ですから、在京球団も獲得に向けてかなりスカウティングが進んでいます。

 

カープは鈴木誠也選手を東京の二松学舎大学付属高校から、獲得したように、関東の高校の選手もしっかりとマークしています。西川愛也外野手はカープには非常に向きな選手ではないでしょうか。カープが獲得すれば西川選手が2人になります。ダブル西川も面白いですね。西川選手の活躍次第では龍馬に登録名を変更なんてあるかもしれませんね。

 

昨年も、期待の高卒ルーキー坂倉将吾捕手をドラフト4位で獲得しています。非常にしたたかなドラフト戦術を展開するカープ。カープが強いのは下位指名でもしっかりしているところ。今年は広陵高校の中村選手はドラフト1位で指名しないと獲得する事は出来ない為、なやましいドラフトであることは間違いありません。1本釣りをする事が出来るかどうかがカギです。花咲徳栄高校の西川愛也選手は、いずれにしてドラフト2位候補でしょうね。清宮幸太郎選手に何球団行くのかにもよりますが、外れ1位が何球団でるかですね。

 

これによって大きく流れが変わってきます。花咲徳栄高校の西川愛也選手も清宮幸太郎選手の外れ1位で指名する球団があってもおかしくはありません。こればかりは各球団の駆け引きですからね。ただ、一言確実に言える事は西川愛也選手はカープ野球に馴染むと思います。各チームにはカラーがそれぞれあります。そのカラーに合うと言う事です。

 

広島・苑田スカウト統括部長

「柔らかい。ヒットエリアが広い。ホームランバッターではなく中距離ヒッター。木製バットでも十分打てる。今日はいいものを見せてもらった」 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す