【広島カープ】今井啓介投手、小野淳平投手、多田大輔捕手、育成の松浦耕大捕手の4選手に戦力外通告!

スポンサーリンク

 

カープは、4日広島市内の球団事務所で、4選手に戦力外通告をした。戦力外通告を受けたのは、今井啓介投手・小野淳平投手・多田大輔捕手・松浦耕大捕手。捕手の2人は今季のドラフト会議で1本釣りを狙う広陵高校の中村選手の為に戦力外通告を受けた可能性がある。カープにはドラフト4位ルーキー坂倉選手の活躍も今後期待され、捕手は逸材が揃う事に中村選手の交渉権を獲得すればなる。

 

曾澤・石原もまだまだ健在で特に曾澤は今が一番脂が乗っている時期今後もしばらくレギュラーキャッチャーの地位を渡さないとは思うが、坂倉選手の潜在能力も相当高く来季以降は激しい競争になっていく可能性が高い。打つだけでもダメなのがキャッチャー。如何に投手の良い所を引き出す事ができるかが、カギ。投手との相性も非常に重要になってくる。投手と捕手の相性は非常に重要で、特定の投手にだけ使われる事が多い捕手もいる。

 

果たして、ドラフト会議で、広陵高校の中村選手の獲得をする事が出来るだろうか?どこの球団が指名してもおかしくない逸材。清宮フィーバーに沸いているが既にオリックスは社会人ナンバー1投手田嶋投手の獲得を目指しており、カープも清宮選手に関しては「うちには合わない」と争奪戦からの撤退を表明している。まだこれから伸びる可能性のある若手捕手2人を戦力外通告にしたのだから、ドラフトでは中村選手を獲得できないとその代償は大きくなる。

 

今井投手は長年カープの中継ぎ投手陣の一角を担った。決して目立つ存在ではなかったが、中継ぎでビハインドゲームで投げる事が多かったがしっかりと任された持ち場はまっとうした。なかなか負けゲームに投げると当然の事ながら脚光を浴びる事は少ない。驚くほどのストレートの速さもなかったが、しっかり結果を残した選手。負けているゲームが多いのでホールドも勝ちも非常に少なかったがカープの中継ぎの屋台骨をしっかり支えた。今後は未定。

 

小野投手は巨人から移籍してきて、同じく立ち位置としては今井投手と同じ役割。今井投手も小野投手も1年間1軍にいる事がなかったのが大きかった。1年間1軍に居れば、戦力外になる事はなかったはず。これだけは首脳陣が決める事なので何とも言えないもどかしさがある。小野投手も今後は未定。まだ2人とも30歳。まだプロ野球選手としはやっていける。今後はトライアウトを受けるか?他球団からのオファーが来るのを待つことになる。

 

今井啓介投手 引退

「昨季1軍に上がれず、今季必要とされなければユニホームを脱ごうと考えながらこの1年やった。こういう結果になったけど、全然後悔はしていない。次のステージで頑張りたい」

 

小野淳平投手 未定

「トレードで来て、いろんな方々が動いてくれた。力になれず悔しいですし、申し訳ない思いでいっぱい。今日まで野球をやってきたので、今野球をきっぱり諦めることは難しいし、簡単ではない。すぐには決められない」

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す