【カープ速報9/26】クライマックスシリーズに向けて暗雲。覇気男・安部友裕が手術?!

スポンサーリンク

 

カープの元気印安部友裕選手はカープが連覇を決めた時に右足のすねにデットボールを受けましたが、現在登録抹消中です。その怪我の程度が非常に気になりますが、思ったより怪我の程度は重くクライマックスシリーズ出場に黄色信号が出ています。

 

デッドボールを受けた個所「右下腿」に血種ができて、それを除去する手術を受けました。私は医者ではありませんが、打撲で青痣ができてそれが固まったので取り除いた、ということでしょうか。現在は経過観察のために数日の入院をしている状況だそうです。

 

安部友裕選手は試合に出場しなくてもベンチを盛り上げる貴重なムードメーカーです。安部友裕選手がいるといないのでは大きな違いです。やはりベンチを活気づけるムードメーカーの存在は硬くなっている選手をリラックスさせます。雰囲気が非常に良くなります。カープは昨年、クライマックスシリーズを本拠地開催で行っていますから、今年は2回目ですから完全にホームアドバンテージを手の内に入れています。本拠地でクライマックスシリーズファイナルステージを行えるのは非常に大きなアドバンテージで優勝したチームにのみ与えたられる特権でもあります。

 

カープはクライマックスシリーズファイナルステージを昨年は3勝1敗で危なげなく勝ち上がりました。優勝チームには1勝のアドバンテージが与えられていますからその時点でかなり有利になっています。しかし、打撃でも期待が持てるムードメーカーの安部友裕選手のデットボールでの怪我の程度が思ったより深刻なようです。ペナントレース序盤なら、特に気になる事ではありませんが、クライマックスシリーズを目前に控えての戦線離脱は痛いです。
安部友裕選手も痛いですが、チームに取っても非常に痛いです。安部友裕選手はベンチにいるだけでかなりのムードメーカーですからいるかいないでかなり大きいです。安部友裕選手はバッターとしても非常に能力が高い選手です。カープに取ってはいるかいないかで大違いです。攻撃力が大きく落ちてしまいます。そして目には見えないムードメーカーとしてチームの士気を上げる選手。非常に貴重な存在です。

 

覇気男がいるといないのではカープベンチは大違いです。優勝決定日にデットボールを受けていますからね。その後20日に登録抹消されています。安部友裕選手の代わりの選手はいません。安部友裕選手が持っている覇気はカープの中では1人だけです。勿論、他の選手も覇気を持っています。しかし、安部友裕選手程、熱く持っている選手はいません。なかなか難しいところですね。何とかクライマックスシリーズファイナルステージに間に合ってほしいです。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す