【カープ速報9/23】坂倉将吾捕手一軍デビュー!G阿部選手も認める素材!!

スポンサーリンク

昨日、マツダスタジアムが1番沸いた瞬間。それは丸のホームランでもなく、先発薮田の力投でもなかった。ではどこで1番沸いたのか?カープファンが待ちに待っていた瞬間が来た。高卒ルーキードラフト4位の坂倉選手が代打でコールされた瞬間だ。ファンもよく知っている。坂倉選手の潜在能力の高さを。試合前にこんなシーンがあった。

 

坂倉選手が練習している姿を目撃した巨人の阿部選手が「あれ、日大三高の選手だよね?」とスタッフに確認するとバットを1本持って坂倉選手のもとへやってきた。敵チームしかも宿命のライバル巨人の主力選手である阿部選手が同じ左打ちなので短い言葉を交わした後、バットを1本坂倉選手に渡した。

 

同じ東京の高校出身キャッチャーで左打ちと共通点は多い。それにしても相手チームも坂倉選手に大注目するくらいなので、ファンのヴォルテージが上がらない訳がない。結果は凡打(レフトフライ)に終わってしまったが、そのあとのカープファンの温かい拍手が印象的だった。これから頑張れよと言う気持ちが込められた拍手だった。ドラフト4位ルーキでしかも高卒。それで初打席でマツダスタジアムを沸かせてしまうのだから、凄いとしか言いようがない。

 

カープは本当に生え抜きの若手選手が良く育つ。一応外国人選手も枚数はそろっているが、依存傾向にはない。うまく生え抜き選手を中心にオーダーを組んでいる。その中のパーツの1つにエルドレットだったりバティスタが加わったりする。投手陣もコマが外国人選手は豊富だが、先発ではジョンソンくらいであとは、中継ぎでジャクソンを使う程度。ヘーゲンズなどもいるが優先順位は低い。そんなタレント揃いのカープにあって、新しい風を吹き込んでくれそうなのが坂倉選手。今後の活躍に大いに期待したい。

 

期待するなと言うのが無理な話。バッティングセンスが非常に良いのは誰しもが認めるところ。また捕手として、2塁送球が1.8秒と強肩を誇る。後は、磨くのは捕手としての素質を高める事。バッティングセンスは1流に近いものがある。キャンプで磨けば来年は出場機会がドンドン増えてくる。現状は曾澤選手・石原選手が併用している。そこに磯村選手が加わっているのが現状。

 

そこに坂倉選手が、加わればカープは更に強くなる。他球団も認める素材の高さ。坂倉選手が、今後のカープの扇の要になるのも時間の問題になるのか興味深い。坂倉選手が今後のカープの命運を握る選手になって欲しい。

スターティングメンバー

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す