【カープ速報9/22】中村祐太クライマックスシリーズ先発に食い込めるか?!

スポンサーリンク

9月22日・マツダスタジアム〇広島5対0巨人●

今日の先発は中村祐太投手だった。正直、1軍でここまで活躍するとは、4月上旬の鳴尾浜のウェスタンリーグの試合での大炎上を目の当たりしたので、ここまでモデルチェンジするとは、その時には夢にも思っていなかった。あの時みた姿はストライクが入らず、1人相撲。ストライクを取りに行って痛打を浴びる負のスパイラルに陥っていた。ファームであの内容だと先が思いやられるが、ここから見事に覚醒した。

カープは流石に若手の選手を育てるのは1流。もし、他のチームだったら今頃まだ燻っていたのかも知れない。中村祐太投手はしっかり今シーズン1軍の舞台で活躍している。カープ育成力の高さを感じさせてくれる選手の筆頭格の選手。これは今シーズンに限っての話。毎年カープは粋の良い若選手が次から次へと出て来る。カープはFA補強はしない。FA補強するくらいなら、生え抜きの選手を育てた選手の方が効率が良い。

他球団の主力選手を獲得するよりは若手を鍛えて、1軍に送り込む。これこそが、カープ野球の神髄だ。選手もそれに応える。全ての選手がそう上手く能力覚醒するわけでは勿論ないが、毎年1人はいる。プロ野球選手は1軍の試合で成績を残してこそ。そういった面ではカープの育成力は凄いものがある。私は今でも信じられない。あの鳴尾浜で自滅した中村祐太投手が1軍で活躍している姿を。

余程、鳴尾浜での試合の時は1年で1回あるかないかの大乱調の試合を見てしまったようだ。そこからの這い上がりが凄い。1軍に昇格すると自分ポジションを確立してしまった。その投球内容も鳴尾浜の試合とは全く別人。ここまで、プロ野球選手は考え方や指導方法一つで変わって来る。カープは若手の伸び幅が非常に大きい。ここがカープの強い所。生え抜き選手でこれだけ強いチームになる。そこには勿論、起用する首脳陣の考え方も重要になっている。

岡田明丈投手はルーキーイヤーの昨年は、僅か4勝しか出来なかった。しかし、そこはカープのスカウト陣がドラフト1位で獲得できると調査をし、実際にドラフト1位で獲得した。今季は既に12勝を挙げている。流石はドラ1ルーキー。1年目は伸び悩んだが、2年目は順調に伸びた。ここがカープとその他の球団の大きく違う所。4勝しか出来なかった投手が12勝。これぞカープ野球の神髄。中村祐太投手も、その中の1人。カープは次々粋の良い若手が出て来る。

スターティングメンバー

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す