【カープ速報9/21】クライマックスシリーズファイナルステージに向けて調整の一戦!

スポンサーリンク

今日のカープは小手調べの一戦だった。

(9月21日・マツダスタジアム・●広島5対7阪神〇)

リーグ連覇を決めての凱旋試合となった今日の一戦。カープの先発は大瀬良大地。阪神の先発は能見。クライマックスシリーズファイナルステージで対決する可能性がある相手だ。今日はカープは序盤4点のリードを持って優位に進めていたが、本来なら継投に踏み切る場面でも踏み切らない。カープは阪神の戦力を確かめるような戦いだった。結果、5対7の逆転負けを喫する訳になるのだが、カープに取っては阪神の継投策を確かめるのに丁度良かった。今日は先発マスクは磯村選手だった。坂倉選手ではなかったが、磯村選手は現段階では第三の捕手。曾澤・石原の2枚看板に後れを取っている。

 

今日は敢えて、スタメンで起用しどの様なリードをするか、カープ首脳陣も期待していた。結果的には阪神の反撃を止める事は出来なかったが悲観する内容ではない。1試合だけで判断できるものでもない。カープもいよいよ残り試合が減ってきた。カープが勝ちに拘れば今日の試合に勝つ事も出来ただろう。勿論、わざと負けたわけではない。勝ちパターンの継投ではなかった。この辺りもクライマックスシリーズを念頭においた采配と言える。この選手は使う事が出来るのかどうか?ここが非常に大きい。カープには外国人枠4人を上手く回していかなければならない。良い外国人選手が多いカープに取っては嬉しい悲鳴だ。どの選手を使っても期待が出来る。

 

カープは現在アンパンマン・松山が絶好調。クライマックスシリーズまで約3週間空くのが勿体ない。しかし、鈴木誠也が戻ってくることは今シーズンはない。松山は4番タイプのバッターではない。5番がベストのタイプ。しかし、4番の重責を全うしている。本当にフル出場していれば、打撃主要タイトルの1つは取れたのではないだろうか?1番可能性が高いのは打点王。しかし、アンパンマンは控えめなので、4番に関しては敢えて自信がなさそうな事をたまに冗談で言う。冗談で言えると言う事はプレッシャーを感じていないと言う事の証明でもあるカープは今日、地元マツダスタジアムでカープファンに優勝報告をしたここから先の残り試合はあらゆる選手が起用される。

 

 

今日のスタメンが期待された坂倉捕手もその1人。バッティングセンスも良く、打てる捕手。カープのスカウトが西東京大会で、坂倉捕手は豪快にバックスクリーンに叩き込んでいる。今度はプロの世界で叩き込む番だ。

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す