広島カープ優勝寸前で思わぬ敵が現れる!最大の敵は台風18号!!

スポンサーリンク

 

3連休に日本列島を直撃する可能性が高くなった、台風18号。広島県を通過するのは17日の日曜日の可能性が高い。しかし、台風が近づく前から前線の活動が活発になり明日、(16日)も朝から雨模様。試合開始予定は14時。如何に天気が持つかが重要なポイントになる。試合開始に問題がない状況でも試合終了後の交通機関の大幅な乱れが予想されれば試合の開催は出来ない。カープにとって思わぬ難敵が現れた。

 

自然にだけは勝てない。下手をすると、土曜日・日曜日の試合が2つ流される可能性がある。阪神も甲子園で中日との2連戦。こちらは何とか、土曜日の試合は出来そうか微妙な状況。もし、阪神が敗れるとその瞬間にカープのリーグ連覇が決まる。一番後味の悪い優勝決定の仕方。ここは自力で決めたいので、マツダスタジアム2連戦が最悪雨で流れた場合、阪神には勝っておいてもらいたい。日曜日は流石に甲子園の試合も流れる確率が高い。

 

カープは右足剥離骨折で無念の離脱をした鈴木誠也や胃癌で今季は静養している赤松真人などが9月14日の試合では、マツダスタジアムにその姿があった。優勝が決まればカープの選手なら1軍登録に関係なく胴上げに参加する事が出来る。リーグ制覇したチームだけに許される特権。しかし、思わぬ難敵が現れた。台風18号にはカープがどんなに強くても勝つ事が出来ない相手。非常に厄介な相手だ。170キロのスピードボールを投げる投手の方がまだ勝機はある。

 

台風18号はゆっくり進んだり、時速を上げたり気象予報士も困らせる迷走ぶりを今後も見せる可能性があるが、九州に上陸するのは先ず間違いない。上陸すると台風はスピードが一気に上がる。そうなると、17日(日曜日)は先ず、試合は無理。そうなると、18日の甲子園での阪神戦に最悪持ち越される事になる。この阪神戦の後、カープは、2日間試合がない。流石にその後のマツダスタジアムでの試合まで優勝が決まらないとは考えにくい。

 

縦横無尽に突き進んで来たカープに取ってはまさに、招かざる客だ。急に日本列島の直前で急カーブで、九州に上陸し、そのまま北上を続けることが予想される台風18号。縦横無尽はカープだけで十分だ。もう明日のチケットを持っている、カープファンは天気予報が気になって仕方がない。それもそうだろう地元優勝のかかった試合のプラチナペーパーなのだから。払戻はいらない。試合が見たい。しかし、自然には勝てない。明日はゲームが出来るのだろうか?

 

マツダスタジアム周辺の天気予報


※9月16日(土)の予報です。

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す