【カープ速報9/14】接戦を制するも、阪神「引き分け」で優勝ならず。マジック「1」最短優勝は9月16日(土)

スポンサーリンク

今日の優勝はお預け。カープは接戦を制するも、阪神が引き分け。

(9月14日・マツダスタジアム・〇広島5対4横浜●)

カープが先ずは、激しいシーソーゲームに蹴りをつけ、マジック1に。優勝はもう目前。後は、阪神対巨人戦が延長戦にもつれこんだので、結果待ちとなった。先ずカープはしぶとさを発揮して、横浜の追撃を振り切った。最後はワンアウト1塁・2塁で横浜の4番ロペスを併殺打に斬って取った。この瞬間マツダスタジアムは当然ファンは甲子園の途中経過を知っている。

 

そして試合終了後はオーロラビジョンに甲子園の阪神対巨人戦が映し出された。巨人が勝てばカープは連覇達成となる為、席を立つファンはいなかった。オーロラビジョンに映し出される、甲子園の映像に釘づげ。裏方さんも忙しい。ビールかけの準備など、優勝チームの裏方さんにしかできない有難い仕事を着々とこなす。夏が過ぎ、秋に季節は変わり、夜は蒸し暑い風から心地良い秋風が流れる。マツダスタジアムで待つ大勢のカープファンも今日ばかりは巨人に勝って欲しいと祈る。

 

先に勝って相手が延長戦と言う、非常に痺れる展開。巨人がどんな形であれ勝ってくれれば、カープファンからしてみれば良い。なかなか甲子園が決着がつかない。カープファンはとにかく阪神が負けが今日のカープの優勝条件なだけに阪神が負けてくれないとどうにもならない。引き分けでもダメ。負けが絶対条件。カープは先ずはしっかりと勝った。21時40分を過ぎても甲子園は決着がつかず、延長12回までもつれこんだ。

 

延長12回巨人が無得点に終わり、カープの今日の優勝はお預けとなった。マツダスタジアムでは巨人が延長12回無得点に終わった瞬間ため息が漏れた。非常に阪神対巨人戦も痺れるような展開だった。カープの最短優勝は、9月16日(土曜日)となった。今週末、マツダスタジアムで2試合がある。この2試合で決める可能性が極めて高い。他力本願より自力で優勝を決めた方がすっきりする。そういった意味では週末に優勝をかけて戦えるのはカープに取っては完全自力優勝で決める事が出来る。

 

土曜日は勝った瞬間カープの優勝が決まる。土曜日のチケットを持っている人は幸運な3万人になる可能性が高い。正にプラチナペーパーと言える。今日は自力でマジックを減らした。もう減らすべきマジックは1しかない。勝てばその瞬間連覇達成。文句なしの優勝が決まる。今日は試合後、甲子園の結果に翻弄されたが、土曜日は1番の強敵は天気くらいだろう。

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す