甲子園を見て広島カープがドラフト会議2017に指名したら良い選手を勝手に5人選んだ!中村奨成、徳山壮磨、清水達也、猪田和希、西川愛也!

スポンサーリンク

1・広陵高校・中村奨成選手

中井監督が読売ジャイアンツの小林選手より上と語る程、能力が高い選手。バッティングセンスは今大会のスラッガーの中でも1枚抜けている。キャッチャーとしても非常に完成度の高い選手。マイナス要素が殆どんない選手。全ての面においてレベルが高い。キャッチャーとしてもかなり有望だが、内野手にコンバートしても問題ない。今大会ナンバー1スラッガー。カープのおひざ元、広陵高校と言うのも良い。

 

2・大阪桐蔭・徳山壮磨投手

コンスタントに140キロ中盤が出る。コーナーにきっちり投げられるコントロールは大きなアドバンテージになっています。やはり投手の生命線はストレートと制球力。この2大要素をクリアしている投手。高校生レベルではなかなか攻略出来ないタイプの投手。投手王国のカープにはうってつけの投手。ドラフト上位で消えるのは間違いない投手。

 

3・花咲徳栄・清水達也投手

今大会で唯一150キロ台を出している投手。先発適正も高いがリリーフ適正が非常に高い投手。ストレートの球速はまだまだ伸びる。これからの伸びが十分期待できる投手。カープは投手を育てるのが非常に上手なチームなので合っている。変化球の切れもいいが、これからまだまだ覚えていく事が多い投手。非常にそういった面ではカープとしては獲得してしっかり育てあげたいタイプの投手の1人です。

 

4・神戸国際大付・猪田和希捕手

捕手としてプロでは苦戦するかもしれないがバッティングセンスはかなり高い。内野や外野にコンバートすれば面白い存在。カープ向きの選手。何といってもバッティングセンスは素晴らしいものがある。なかなかこの時期の高校生として非常に完成度が高い選手。プロに入っても基礎をしっかり磨けばいい選手になる。こういった人材をカープは1流選手に育ててきた実績があり、カープの育成能力があれば素質は開花する。

 

5・花咲徳栄・西川愛也外野手

故障が完治していないながらもチームの躍進劇の原動力になる打撃は非常に高く評価できる。故障が完治すれば更に素晴らしいバッティングセンスを持っている。これは故障が完治していれば非常に面白い存在の選手。ドラフト上位で間違いなく消える選手。かなり持ってるポテンシャルは高い。カープ向きの選手でもある。中々、今大会は、突出した選手が少なく比較が難しいが今回名前を挙げた5選手は間違いなくドラフト上位で消える選手。

以上、5名でした。

 

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す