【カープ速報9/2】接戦制する。9回西川竜馬ソロホームラン!!先発薮田和樹は13勝目!!

スポンサーリンク

9月2日・明治神宮球場・●ヤクルト1対3広島○

先発薮田は6回1失点と先発の仕事を果たしたが、球数が多かった。もう少し球数が少なければ7回まではいけただとう。しかしクォリティースタートはしっかりこなしているだけに最低限の仕事は十分した。カープは序盤に現在絶好調のアンパンマン・松山の2点タイムリーで先制した。鈴木誠也が離脱した後もしっかりチーム力で戦っているカープ。ここは借金40。90敗ペースのヤクルトを3タテしなければいけない。

カープの残り試合も19試合。なかなか2位阪神が負けない。阪神が負けないなら、カープも負けなれば良い。難しい事ではあるがカープなら出来る。阪神が負ければ、カープが勝てば残り試合数からカープが圧倒的に有利になる。今でもカープが断然有利ではあるが、最近カープらしからぬ試合が多かったので、ここに来て、ヤクルト3連戦は3タテを決めたい。

9月は試合数が少ないのでスクランブル体制でいける。上旬は試合数が多いが下旬はかなり空く。ここでスクランブル体制になる。順調にカープが勝ち星を積み重ねていけばそこまでする必要もなくリーグ連覇は決まる。今日はアンパンマン・松山の先制2点タイムリーで得点をあげた後は、膠着状態が続いた。8回にリベロのタイムリーで1点を返され嫌な展開になった所を、9回西川が逆方向へのソロホームランを放ち再びリードは2点になった。

こうなると、後は9回を締めるだけ。今日も9回に指名された投手は中崎だった。何事もなかったかの如く、涼しい顔で3者凡退に切って取った。今シーズンは残りは抑えは中崎で行く事になりそうだ。昨年の経験をしっかり生かす事が出来る。今季も故障するまでは、抑えをしていただけに、慣れたもの。非常に強心臓が持ち主の投手。少し狂いが生じた中継ぎ抑え陣も改善してきた。唯一の不安は今村だけ。

それ以外の投手は問題はない。後は打撃陣がもっと奮起するれ、もう少し楽な試合展開になるはず。今日も真っ赤に染まったレフトスタンド。ファンは最大のアシストを送ってくれる。どんな展開になっても席を立つカープファンは殆どいない。カープが何かをしてくれる事に期待する。その期待に応えてきたのがこれまでのカープだ。疲れが一番出る時期だが、それはどの球団の選手も同じ。カープは12球団一の練習量を誇るしっかりと練習の成果はでている。ここから先は体力勝負でもある。

スターティングメンバー

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す