【カープ速報9/1】クリス・ジョンソン投手6勝目!ヤクルトはCS出場消滅!

スポンサーリンク

カープヤクルトとの接戦制する。最後はきっちり中崎が締めた。

(9月1日・明治神宮球場・●ヤクルト2対3広島〇)

今日はカープが先制し、幸先が良く3点のリード。継投策で逃げ切りに入ったが、ジャクソンが大誤算。2者連続の押し出しでリードはあっという間に1点差に。非常に重たい空気が流れ始めた。何とか、今村がここは凌いだ。最近は、今村劇場などがあるが、今日はいきなりフォアボール3連発のジャクソン劇場があったが、今村が凌ぎ、9回は中崎が3人でビシッと決めた。

 

この所、中継ぎ抑えの投手で比較的安定しているのが、中崎。今日も1点差と言う痺れる展開で適地神宮球場のマウンドにあがった。レフトスタンドのカープファンが後押しした。真っ赤に染まった3塁側。カープファンも最後は固唾を飲んで見守った。勝利こそが1番の良薬。口に苦しとは言うが、苦い薬を飲んでもしっかりと勝てるならどんな苦い薬でも飲む。ペナントレースで1番欲しいのは勝利。これ以上の特効薬はない。

 

カープは今週は、火曜から木曜まで東京ドームで巨人戦。今日からの日曜日までは神宮球場でのヤクルト戦。カモの巨人に負け越しを食らったので、ここは最下位ヤクルトには3タテをしっかりしておきたい。3タテをするには初戦を取らないといけない。今日はきっちりカープらしい野球で初戦を取った。4番松山が猛打賞ときっちり良い仕事をしてくれた。なかなか、カープも最近得点能力が落ちてきているのは気になる材料。

 

そうは言っても、カープは連覇を目指す立場。今日から9月ここからが正に正念場。プロ野球もいよいよ佳境に入ってきた。激化するクライマックスシリーズ権争い。それを尻目にカープはこのまま逃げ切りVを決めたい。ここの所、阪神がなかなか負けない。ここは直接対決で叩きのめすしかない。これが1番効率が良い。そこまでは星をある程度稼いでおき、直接対決で一気に蹴りをつける。カープなら出来る。

 

9月の攻防は更に激しくなるか、カープかしっかりラストスパートをかけて、一気に突き放すかのどちらか。最終的に少し前に出ていれば良いがそれだと心臓に良くない。楽に優勝を決めてもらいたい。そしてクライマックスシリーズ・日本シリーズに繋がってくる。ここを全て勝ち切って、日本一を期待せずにはいられない。今日は神宮の空は持った。カープファンの熱気が雨雲を寄せ付けなかった。その期待にカープナインは最小得点差ながらしっかり勝った。さあ優勝へのカウントダウンが始まる9月が開演だ。

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す