【心霊スポット】遺体処理場が近くにある魚切ダムでは今も死体が・・・アクセスと怪奇現象とは!?

スポンサーリンク

こんにちは、8月も終盤に突入しました。毎年の話なのですが夏はやはり水難事故が多いです。お盆期間中は海や川などには行くなと祖母から教わりました。理由としては水難事故で亡くなった方が足を引っ張って連れて行くからそうです。本当か定かではないのですがこのような教えもあるのでくれぐれも海や川などの水難事故にはお気を付けください。

今回は広島の心霊スポットを紹介したいと思います。

 

 

広島県広島市にある魚切ダムを紹介します。

 

 

魚切ダムがあるのは広島県広島市佐伯区というところにあります。広島県が管理を行う二級河川・八幡川に建設されたダムです。プロ野球選手が多く輩出された区でもあるので野球好きの方なら知っているのではないでしょうか。広島市ではありますが2番目に広い行政区なので自然が残っているところもあります。

 

 

魚切ダムは1981年に建設されたダムで比較的新しいダムです。広島市のベットタウンとして人口増加に備えた電力確保を目的に作られた様です。このダムを建設するために169億円の建設費が投じられている様です。このダム建設時に事故があったような記事はありませんでした。ならばなぜ魚切ダムは心霊スポットとなったのでしょうか。

 

 

なぜ魚切ダムは心霊スポットなのか?

ダム建設時代で死亡事故などが発生したなどの記録が残っていないにもかかわらずなぜ心霊スポットになっているのかというと、まだダムが建つ前の1945年の枕崎台風と1951年のルース台風の影響で氾濫が起き中心部全域が水没しかなりの水害被害を受けました。さらに中心部に近いダムなので、交際を否定した女性が追い詰められてダムに身を投げた噂や、模擬刀で殴られてダムに沈められた等の広島のヤクザが死体を捨てる場所としても言われています。また戦時中の遺体処理場が近くにあることからも拍車をかけているのではないでしょうか。

 

 

どのような現象が起きるのか!?

今でもたまに死体が浮いているという噂があるくらいなので現象というよりも生身のものを発見する可能性もあるかも知れません。ヤクザ関連で死んでいる人が多いので怨念や生霊が多く心霊写真が撮れるスポットでもあるようです。女性の霊やオーブなどが映るとされています。人を写すと手足が透けたり消えたりしている写真が撮れるようです。また体調不良の時に魚切ダムに訪れると一気に体調を崩して熱が何日も下がらなかったという体験談もあります。

 

 

魚切ダムへのアクセス

 

住所 〒731-5151 広島県広島市佐伯区五日市町大字上河内998

 

バス

【魚切ダム】下車後、徒歩3分

 

 

今回は広島県広島市にある【魚切ダム】で起こる心霊現象を紹介しました。心霊写真がとれるスポットとして有名な場所ですが、霊が見える場所とも言われています。遺体処理場が近くにあったので皮膚などただれた霊の目撃例もあります。体調不良の体験談もあるので肝試しや遊び半分では行くところではないので気を付けてください。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す