【心霊スポット】亀ヶ首試射場は爆発事故で亡くなった方が多数・・・アクセスと怪奇現象とは!?

スポンサーリンク

こんにちは、お盆も過ぎて夏も終わろうとしています。ただまだまだ残暑が厳しいので冷たいものが欲しくなります。ただ冷たいものばかり食べたり飲んだりしていると体調を壊してしまうので、霊気で少し体を冷ましてみるのはいかがでしょうか。

今回は広島の心霊スポットを紹介したいと思います。

 

 

広島県呉市にある亀ヶ首試射場を紹介します。

 

 

亀ヶ首試射場は広島県呉市倉橋町の倉橋島東にある旧軍施設の跡地です。呉海軍工廠砲煩実験部の試射場だったようです。敗戦と同時に施設は廃止となり放置されましたが、進駐軍によってほとんどの施設が壊されていますが、いくつかの施設はまだ残っていて当時の様子をとどめています。

 

 

呉海軍工廠で製造された魚雷、艦砲、機銃などの火器の性能実験や防禦構造の耐爆試験が行われていた施設なのですが、有名な話としては戦艦大和の主砲であった46センチ砲の実験もここで行われていたそうです。

 

 

なぜ亀ヶ首試射場は心霊スポットなのか?

いくつか軍事施設は残っているのですが保存されているわけでなく、放置されているじょうたいなので雰囲気からしても少し恐怖を覚える状態になっています。またこの場所を訪れる際に通らなければならない亀ヶ首隧道の入り口に廃車が放置されているのですが原型をとどめていないのでより一層の不気味さを感じさせます。また冒頭でも紹介したように大砲などの性能実験も行われていたので、爆発事故などで亡くなった方も多くいたようです。実験中に亡くなった軍事だけでなく、砲弾を拾ってしまった漁民も犠牲になったようです。そのような事から心霊スポットと呼ばれ始めたのかも知れません。

 

 

どのような現象が起きるのか!?

多くの体験談で語られているのは亀ヶ首隧道に白い服を着た女性の霊が出るということでしょう。地元でも有名な話のようです。現在は水没して少し歩きにくくなっているようですが、ここで白い服を着た女性の霊が現れるみたいです。また隧道を抜けていくと井戸があるのですが、その井戸から夜な夜な兵隊のうめき声が聞こえたりするそうです。至る所に爆破後などがあるため霊感が強い方が行くと一気に体調が悪くなったという体験談も存在します。

 

 

亀ヶ首試射場へのアクセス

 

住所 〒737-1377 広島県呉市倉橋町

 

 

今回は広島県呉市にある【亀ヶ首試射場】で起こる心霊現象を紹介しました。爆薬実験などの軍事施設として使われていたので何十年たった今でも黒いすすが壁についている場所があったり、生々しいひび割れが戦争の恐怖を物語っています。実験の影響でこの世に未練がありながらも無くなった方が今もさまよっているのでしょう。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



1 個のコメント

  • なんか情報が間違っているので、コメントします。

    隧道を抜けた所にあるのは井戸ではなく水槽ですよ。
    「至る所に爆破後」←(跡)では? そして、爆破したのは戦後の進駐軍なので幽霊とは関係ないです。
    「爆薬実験などの軍事施設として使われていたので何十年たった今でも黒いすすが壁についている場所があったり、生々しいひび割れが」←同じく進駐軍が破壊活動を行った際の黒いすす、爆破の衝撃で出来たひび割れなので、実験とは関係ないです。

  • コメントを残す