【カープ速報8/23】試合結果よりも気になる鈴木誠也の故障!(右足首剥離骨折!!登録抹消確定)

スポンサーリンク

チームも2夜連続サヨナラ負け。5点リード守れず・・・。

(8月23日・横浜スタジアム・〇横浜7×対6広島●)

カープベンチに衝撃が走った。2回裏戸柱の打球を好捕した鈴木誠也が、右足首を痛めた。自分の足では歩けず、担架に乗せられて、ベンチ裏に下がった。まさかの出来事。ここまでカープの若き4番を務めてきた鈴木誠也にアクシデント発生。そのまま右足を固定して、松葉づえをつきながら、横浜市内の病院に直行した。病院に直行する前鈴木誠也は気丈にも≪大丈夫でしょう≫と語ったが非常に気になる。少なくとも捻挫をしているのは間違いない。

 

捻挫をしていると走塁は勿論打撃にも大きな影響が出る。普通に考えて登録抹消か?ここに来て4番の離脱は痛い。カープが圧倒的有利なペナントレースとは言え非常に離脱となれば痛い。丈夫な選手が、自力歩行困難でライトからベンチまで、担架に乗って運ばれて来る時点で異常事態発生。担架に乗せられた時点で軽症ではないのは分かる。捻挫が軽症かどうかは何とも言えないが、登録抹消なら軽症ではない。

 

4番打者の離脱はカープベンチに取っても想定外の出来事。これは想定が出来ない出来事。不可抗力では済まされない。しかし、チームの為に果敢に捕球を試み成功し、ここまでは良かったがまさか、担架で退場になるとは・・・。カープファンもざわついた。真後ろの横浜ファンも心配するくらい、事態は深刻だった。最後は、両軍のファンの拍手で退場となった。

 

打点王争いではトップを走る鈴木誠也。タイトルを取る為に優位に運ぶ為には、試合に出場する事。カープの場合は≪タナキクマル≫の出塁率が高いので、打点を稼ぐ絶好のチャンスに恵まれている。しかし、これは出場してこその話。松葉づえで病院に直行した時点で無傷と言う事は考えられない。無傷なら病院に直行する必要はない。10日の抹消で戻ってくれば良い方か?今年で、野球は終わりではないので、無理をする必要はない。この先のクライマックスシリーズや日本シリーズと言った大舞台が残っている。

 

非常に鈴木誠也のケガの程度が気になる。登録抹消はさけられないか?普通に考えればそうなる可能性が高い。自力歩行で病院に行くのならまだしも松葉づえ。最新の情報が入るまでまとう。

 

試合はカープが、接戦を何とかものにしたかったが、9回に2夜連続のロペスの同点弾を浴び延長戦で、梶谷のタイムリーで2夜連続のサヨナラ負け。5対0の楽勝ムードを守り切れなかった。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す