【カープ速報8/22】まさかの逆転負け。3者連続ホームランでまさかの逆転負け・・・。

スポンサーリンク

8月22日・横浜スタジアム・〇横浜6×対5広島●

横浜に1点を先制されるもカープは全く動じる事無く、試合巧者ぶりを発揮していく。すぐさま頼れる助っ人エルドレッドが逆転ツーラン。そして今季好調の安部もソロアーチを放ち徐々にリードを広げていく。松山のタイムリーや、横浜内野陣の守乱に乗じて小刻みに追加点をあげていく。これがボディブローのように横浜に効いていく。

 

横浜にしてみたら、1点のリードなんてあってないようなもの横浜は週末の巨人3連戦で巨人に3タテを食らい、クライマックスシリーズ争いに巨人が一気に加わってきた。下から追い上げる巨人の動向も気にしなければいけないのは、横浜に取っては厳しい。そういう相手が厳しい状況にある中、カープは優位に試合を進めていく。カープは恐れるものは何もない。強いて言えば、怖いのは故障だけ。故障だけが1番怖い。誰がするか分からないので、アフターケアは重要になって来る。

 

こんな途中経過だった。カープの勝利をこの時点では確信したカープファンが多かったはず。そこからまさかの展開が待っていた。本来ならカープがするような試合展開。それを横浜にされてしまった。カープに取ってはただの1敗と言えども、横浜には雰囲気が良い試合をされるとは・・・。その後が、

 

横浜も嶺井のソロで3点差、最終回筒香のツーランで追撃開始。筒香のツーランで1点差。そして、ロペスのソロで追いつかれ、宮崎の打球もレフトスタンドに吸い込まれ、横浜ファンは歓喜に喜ぶ中、レフトスタンドは沈黙と同時に阿鼻叫喚。まさかの展開に流石のカープファンも驚きを隠せなかった。今村もアウトを1つも取れずにソロホームラン2発をカープファンの待つレフトスタンドに運ばれてしまった。完全にカープの勝利があと少しの所まできていたが、カープの勝利はスルリと逃げて行ってしまった。

 

本当に悪夢とはこのことだ。エルム街の悪夢と言う映画があるが、内容は違うが名前は横浜中華街の悪夢だ。こんな事が起こるから野球は試合終了までは分からない。今日の負けは痛恨だった。カープの地元広島広陵高校が決勝進出を決めた日にまさかの悪夢がカープに襲い掛かった。本当にしんどい試合になってしまった。最初はカープがボディブローのように横浜に浴びせたが、9回は最終ラウンド開き直った挑戦者が、ストレートをカープに連打で浴びせKO勝利を横浜がもぎ取った。

 

スターティングメンバー

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



1 個のコメント

  • コメントを残す