【心霊スポット】東広島市鏡山公園に現れる落武者の霊とは・・・アクセスと怪奇現象とは!?

スポンサーリンク

こんにちは、夏も終盤に突入しているので心霊スポットのシーズンも終わりつつあります。ただこの夏は台風の影響や異常気象などでなかなか外出できなかった方も多いのではないでしょうか。夏の思い出に心霊スポットで色々な意味で思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

今回は広島の心霊スポットを紹介したいと思います。

 

広島県東広島市にある鏡山公園を紹介します。

 

広島県東広島市の鏡山という場所に都市公園として鏡山公園があります。春になると30種類以上の桜の木が約700本以上植えられているので桜の名所としても親しまれています。そのほかにもアスレチックや広い遊び場などの子供の遊び場もあるので東広島のシンボル的な存在でもあります。

 

市民の憩いの場ともなっている鏡山公園ですが、ほかの心霊スポットと比べると不気味さが全くないので無関係の場所にも思えます。昼間は人々は楽しむ声が響き渡っているのですが、夜になると様子が一変するそうです。深夜になると心霊スポットに豹変するそうですが理由は約560年前にさかのぼるようで・・・。

 

なぜ鏡山公園は心霊スポットなのか?

冒頭でも紹介したように市民の憩いの場であり東広島のシンボル的鏡山公園がなぜ心霊スポットとされているのか。実は公園がある場所に鏡山城という山城が建設されていました。応仁の乱などの合戦によりとめどなく攻撃を受けた場所の様です。数々の合戦の舞台になった場所ということは、無数の死者がそこで眠っていると言うことにもなります。また井戸跡が公園内にあるそうなのですが、その井戸は血で溢れていたそうです。その歴史的背景を裏付けるように、公園の中には慰霊碑や神社、崩れた石垣、土塁、竪堀などの遺構が残されています。そのような歴史的な背景とこの公園で死人や行方不明者が出た過去もあるので心霊スポットになっているのではないでしょうか。

 

どのような現象が起きるのか!?

深夜になると落武者なのか男の人のうめき声や落武者の霊が出るや、慰霊碑の付近で落武者のような影が無数に蠢いているなどの怪奇現象が報告されてます。また遊具のブランコが一人でに動き出したり、人影を感じたりとその怪奇現象は様々なのですが共通点としては落武者が絡んでいると言うことです。携帯機器などにも影響が出ている体験談も存在します。

 

鏡山公園へのアクセス

住所 〒739-0046 広島県東広島市鏡山2丁目

 

今回は広島県東広島市にある【鏡山公園】で起こる心霊現象を紹介しました。今は市民の憩いの場所ですが、昔は幾人もの血が流れ、遺体がその地に眠っていると考えるとそのような怪奇現象が起こっても不思議ではありません。もう何世紀も立っているので成仏してほしいですが思い残していることがあるのでしょうか・・・。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す