【広陵高校 2017夏・甲子園】速報!聖光学院に6-4で勝利!今日も中村の一発で決めた!!

スポンサーリンク

夏の甲子園もベスト16が出揃い、
ベスト8を賭けた戦いがアツく繰り広げられています。

日に日に評価の高まる広陵高校中村奨成捕手、今日もやってくれました。

学校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
広陵 0 2 0 0 0 2 0 0 2 6 12 1
聖光学院 1 0 0 0 3 0 0 0 0 4 7 1

 

先制は聖光学院。1回の平元投手の立ち上がりで、
簡単に2アウト取ったものの、聖光学院の3番打者に一発を浴びる。

1回終わって0-1。
しかし、2回に入ってすぐに広陵も反撃へ。
四球から2塁打やタイムリーヒットですぐさま2点。
この回一気に逆転です。

2回終わって2-1。
試合が降着するも5回裏に平元投手が捕まります。
ホームランで同点にされるとその後も連打を浴びて逆転を許す。
死球を出した後に、コントロールが定まらず
カウント2B1Sから山本投手にスイッチ。
山本投手は後続を断つ。

この「打者の途中で継投」は広島県大会決勝でもやっていたものでした。

5回終わって2-4。
しかし広陵はまたすぐに反撃に出ます。
6回表2アウトから連打とエラーで塁を埋めると
頼れる主砲中村捕手に回ります。
ここで期待に応える2点タイムリー2ベース。
同点に追いつきます。

6回終わって4-4。
相手投手もエースの斎藤投手に継投、
広陵高校も変わった山本投手が、どちらも譲らす8回まで終わる。
9回表、広陵の攻撃は2番吉岡君から。
センターに抜けそうな打球をショートが追い付くものの
はじいて内野安打。

ここで待ってましたの中村捕手を迎えます。
初球低めストレートを見逃し。
2球目低めの縦スラを空振り。
タイミングが合ってないなぁと思っていましたが、
キャッチャーは高めに構える。

おそらく見せ球でその後スライダーという配球だったと思いますが、
中村選手はこの高めストレートをドンピシャのタイミングで振り抜く。

打った瞬間それとわかるホームランで2点追加。6-4。

9回裏は山本投手の調子の良さもあり、
内野ゴロでゲームセット。

最初から最後までどちらに転ぶか分からない試合でしたが、
決めたのは中村捕手。

完全にこの夏の主役に躍り出ました。
思えば10年前は佐賀北旋風のような、というか
アンチ私学・アンチ野球留学の雰囲気が蔓延している中で、
野村投手は負けてしまいました。

今回は、外野の空気が味方になってきているので、
このまま一気に突っ走って欲しいですね。

次戦は大阪桐蔭vs仙台育英の勝者と対決。
ここまで来たら、強い相手しか残っていません。

いえ、一回戦から優勝候補とばかりと戦ってきました。
もう、相手はどこでもいいです。

例え春の優勝校でも、今の広陵ならやってくれるでしょう。
試合は明日の13時から、TVの前から動けません。

 

中井監督談話

-ベスト8進出はいかがですか

まぐれをもっと続けていきたい

-中村捕手のホームランは?
まぐれがここまで続くと認めないといけない。

-頼りにしていますか?
していませんけど、大舞台に強いんで。

-聖光学院、斎藤投手について
失投だけがチャンスだと思っていました。
スライダーは打てません。
-山本投手について
マイペースに投げてくれる。
-投手交代について
勘なんで。自分の勘を大事にしたい。
-平元投手については
相手に研究されているのは分かっていたので、
継投のタイミングを狙っていた

-ベスト8について
広島の街にプレッシャーを感じて来ていたので
ホッとしています。

中村捕手談話

あの場面は、打ちたいと思っていた。
センター返しのイメージでしたが、
打った瞬間に行ったと思いました。
山本投手が好リリーフしてくれた。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す