【カープ速報8/17】阪神にサヨナラ負け・・・連勝ストップ・・・。

スポンサーリンク

1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 1 0 0 0 0 3 0 0 0 4 8 0
阪神 0 0 2 0 2 0 0 0 1X 5 9 0

 

8月17日・京セラドーム・●広島4対5×阪神〇

先発福井優也が不安定な投球。特に計算外だったのが阪神先発・岩田に2打席連続フォアボールを与えた。結果傷口が広がり、阪神に3点のリードを許す厳しい投球を強いられた。相手投手に2打席連続フォアボールは頂けない。特にバッティングを得意とするピッチャーでもない。少しコースが甘くてもストライクゾーンに投げておけば、そんなに痛打は打たれない。このフォアボールは正直無駄だった。

カープも執念で3点差を追いついた。犠牲フライ・押し出す・タイムリーとチャンスをしっかりものにして3点を返した。ここから先が中々得点が動かない。流れがどっとでもない。カープでもなく阪神でもない。1発で試合が決まりそうな気配が漂う試合だった。9回裏・阪神はワンアウト・満塁から福留の犠牲フライでサヨナラ。カープにとっては何とも痛い敗戦となってしまった。まだまだゲーム座は10ゲーム近くあるとは言え、非常に悔しい敗戦となってしまった。

昨日は、これまで勝ちゲームでいい仕事をしてきた中田が最後捕まってしまった。全ての登板試合を完璧に抑え込むのは不可能。昨日は堪えきれず土俵を割ってしまった。これまで、カープの勝利に大きく貢献してきた投手だけに責める事は出来ない。昨日はたまたま、阪神打線に捕まってしまった。こういう試合は1年間を通して中継ぎ抑えをしていれば1試合はある。それが昨日だった。負けてしまったのは残念だが、この経験を糧に中田投手はレベルアップすれば良い。

カープ打線も同点に追いつくまでは勢いがあったが、その後は阪神投手陣の継投策の前にチャンスらしいチャンスを作る事が出来なかった。負ける時はこんなもの。しかし、昨日はカープが得意とする粘りの野球が出来なかった。厳密な事を書くと最後まで粘りを見推せる事は出来なかった。しかし。3点差を追いつき、あと1打でれば逆転と言う所までは反撃しただけに非常に悔しい敗戦となった。

この悔しさは今日から晴らすしかない。しっかりと。昨日のゲームの事は忘れてこれまで通りのカープ野球に徹して欲しい。カープは普通に戦えば楽々リーグ連覇が確実。後はゴールインするまでどの様な野球をするか?やはり今年は32年ぶりの日本一に輝かないといけない。それを考えると。ペナントレースも雑にならずにしっかりと勝ち星を積み重ねていかなければならない。

スターティングメンバー

投手 位置 選手名 防御率
先発 (投) 福井 優也 7.15
打順 位置 選手名 打率
1 (遊) 田中 広輔 0.296
2 (二) 菊池 涼介 0.286
3 (中) 丸 佳浩 0.313
4 (右) 鈴木 誠也 0.304
5 (左) 松山 竜平 0.306
6 (一) 新井 貴浩 0.292
7 (三) 安部 友裕 0.307
8 (捕) 會澤 翼 0.267
9 (投) 福井 優也 0

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す