【パワースポット】廿日市市の重要文化財荒胡子神社!アクセスと商売繁盛で金運アップ!?

スポンサーリンク

こんにちは、もうすぐお盆なので旅行を計画している方も多いのではないでしょうか。海外で過ごす方も多いと思いますが、国内でゆっくりパワースポットを巡り体にパワーを溜めるのもお盆明けのために良いかもしれませんよ。

今回は本当の広島のパワースポットについて紹介します。

 

 

広島県廿日市市にある荒胡子神社を紹介します。

 

 

宮島は島全体がパワースポットと表現しても良いほどの場所です。今回も宮島の中にあるパワースポットなのでぜひ宮島観光をした際には少し足を延ばしてより強いパワーを吸収してほしいです。荒胡子神社は知名度も低く観光客の方はほとんど訪れません。地元の方でも知る人ぞ知ると言ったところです。小さな神社ではあるものの本殿は国の指定重要文化財に指定されています。

 

 

ちなみに荒胡子神社とかいて「あらえびすじんじゃ」と読みます。厳島神社の境内には難しい漢字の表記が多く読みにくいのが多いです。しっかり読み方を覚えて歴史を知ってから参拝するとより良いご利益があるとされているのでご参考になればと思います。

 

 

荒胡子神社の概要

室町時代中頃に島田三郎左衛門尉宗氏によって建立され、もとは近くにある大願寺に属する神社であったと言われています。昔は敷地内に大願寺の子院「金剛院」が建っていたので大願寺の管理下にあったようです。現在の荒胡子神社は1591年に毛利輝元が再建したものです。荒胡子神社の御祭神には出雲大社にご鎮座の縁結びの神様・大国主大神の子神「事代主神」がお祀りされています。大国主大神は神仏習合においては七福神の「大黒さん」としても有名です

 

 

荒胡子神社のご利益とは!?

あらえびすと言ってるくらいなので「えびす神」のご利益である福の神・五穀豊穣の神様として信仰が寄せられています。

また一部では金運アップのご利益があるともいわれています。

「えびす神」は商売繁盛の神様としても知られているので金運アップのご利益があっても不思議ではありません。

 

 

荒胡子神社へのアクセス

 

≪関西方面から≫

広島岩国道路「廿日市IC」下車後、国道2号線経由で「宮島口フェリー乗り場」まで10分、フェリーで約10分

 

≪九州方面から≫

広島岩国道路「大野IC」下車後、国道2号線経由で「宮島口フェリー乗り場」まで10分、フェリーで約10分

 

宮島の島内は道路が狭く駐車場がほとんどないので車は宮島口桟橋周辺の駐車場に止めてフェリーで行く方が宮島を満喫できます。

 

≪厳島神社から≫

徒歩 約4分(約300m)

厳島神社の入口の付近にあります。千畳閣・五重塔の真下にあります。

 

 

今回は広島県廿日市市にある【荒胡子神社】を紹介しました。厳島神社のすぐ近くにある神社なのですがあまり知られていないパワースポットです。決して大きな神社ではありませんが、知る人ぞ知るパワースポットです。秋になれば紅葉とのコントラストが楽しめるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す