【心霊スポット】竹原市大久野島は今はウサギ島も昔は大苦の島・・・アクセスと怪奇現象とは!?

スポンサーリンク

こんにちは、全国高校野球選手権大会の第4日目に広陵高校が登場しました。初戦は強豪校の愛知の中京大中京でした。初戦からハイレベルな戦いとなりましたが10‐6で接戦をものにしてくれました。県民の夏はまだまだ続きそうです。

高校野球と話は全く関係ありませんが、広島の心霊スポットを紹介したいと思います。

 

 

広島県竹原市忠海町にある大久野島を紹介します。

 

 

大久野島と言えば広島の新たな人気スポットとなっています。大久野島と言われてもピンとこない方もいるかも知れません。今はウサギ島と呼ばれウサギ好きや子供達には人気のスポットとなっています。

 

 

休日ともなれば遠方から来る方もいるみたいです。アクセスは非常に悪いのですが、野ウサギが約800羽以上いるともいわれており年々数は増加しているようです。どこを歩いてもウサギに出会うことが出来て人間に警戒心がなく人懐っこく寄ってくるのでウサギ好きにはたまらない場所になっているようです。ウサギと触れ合いたい方は是非餌を持って行くと大量に群がるそうです。

 

 

そんな大人気のウサギ島がなぜ心霊スポットなのか?

それはこの島の過去に秘密があります・・・。

 

 

なぜ大久野島が心霊スポットなのか!?

大久野島は「おおくのしま」と呼ぶのですが、過去には「大苦の島」と呼ばれていた場所でもあります。1929年から終戦までこの島では毒ガス兵器が作られていました。この島で働いていた作業員はガスマスクや防護服など防毒装備し毒ガスを製造していた様です。ただ今の様に技術が進んでおらず、戦争の最中なのでそこまで物資も届いてないので毒ガスの被害にあう作業員も多くいたようです。製造の際には300人以上の方が亡くなったようです。さらに後遺症なども含めると約3000人以上の方が亡くなっている様です。そのような理由があることから過去には日本地図から消され、この島で起きた全てのが秘密だったようです。

 

 

どのような現象が起きるのか!?

今現在も土壌汚染がひどい場所は立ち入り禁止になっているようです。体になんらかの現象が起きるという噂はありませんが心霊写真が撮れると言う噂があります。特に廃墟では心霊写真が撮れる確率が高く、多くの人が白い霊を目撃したという話もあります。毒ガス製造の影響やその時の日本の時代背景などを考えるとこの世に思い残すことが多い人が多いと思うので成仏出来ずにこの世にとどまっているのでしょう。

 

 

大久野島へのアクセス

 

島と言ってるだけあって船で渡る以外方法はありません。

 

フェリー(忠海港~大久野島)

乗船時間は約15分ほどなのでフェリーに乗ればすぐです。ただそんなに本数が出ていないので時刻表はしっかりチェックした方が良いです。

 

 

今回は広島県竹原市忠海町にある【大久野島】で起こる心霊現象を紹介しました。日本地図から消された島、毒ガスを製造していた島なのでいわくつきの場所であることは間違いありません。毒ガスのせいで人生を狂わされた方々が未だにこの場所を恨んでこの世をさまよっているのかも知れません。この島を恨んでいるからこそ訪問者の我々に危害がある悪さはしないのかもしれません。ただウサギ人気で一気に有名になったので今後はどうなるかわかりませんが・・・。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す