【パワースポット】廿日市市にある御山神社は昭和天皇も御参拝!!アクセス方法とさらにご利益を上げる空気感とは!?

スポンサーリンク

こんにちは、高校野球が台風の影響で1日遅れて開会式を迎えました。各校コンディション調整が難しいとは思いますが県大会を勝ち抜いてきた強者ばかりなので大丈夫でしょう。広島県代表の広陵高校はどこまで勝ち進むのでしょうか。そんな広島勢にパワーを贈る意味も込めて本当の広島のパワースポットについて紹介します。

 

 

広島県廿日市市にある御山神社を紹介します。

 

 

今回紹介する御山神社も宮島内にあります。前回紹介した弥山は厳島神社のご神体です。厳島神社は内宮だと言うことはご存知でしょうか。外宮は本土にある地御前神社なのですが、御山神社が奥宮となります。地図上で見てみると綺麗に直線で結べるようになっています。

 

 

霊感などがない参拝者の方でも気の流れを感じるほどの静粛な場所で立地条件も悪く断崖絶壁の様な場所に鎮座しているので、体調をしっかり整えてから参拝されることをオススメします。空気がピンと張り詰められており本当に神様と対面して話をしているかのような感覚になります。宮島の観光協会の公式サイトにも説明文は短めではあるものの名前は載っているのですが、説明がとても難しいのは参拝した方だけがわかると思います。それだけ五感に感じるような空気なので体感してみないと伝わらない聖域です。

 

 

御山神社の概要

平清盛が厳島神社を造営した際に奥宮として建立したとして伝えられています。現在は厳島神社と同じく宗像三女神が祀られているのですが、神仏分離令で三鬼神が現在の三鬼堂に移されるまでは弥山の三鬼神が祀られていました。またこの場所に宗像三女神が降臨したと伝えられています。入口付近には皇太子殿下御参拝と書かれた石碑があり1926年に当時の皇太子殿下であられた昭和天皇も参拝されています。

 

 

御山神社のご利益とは!?

パワースポットとして紹介していますが明確のご利益はありません。ご利益は五感から感じる気の全てではないでしょうか。訪れた者にしかわからない「空気」そのものがご利益だと考えています。霊感やスピリチュアルが無い方でもその場に立つと何か感じるものがご利益なのではないでしょうか。

この様な力の原点となる場所に登ると言葉では説明出来ない空気感と言うものがあります。ただこの空気感を味わうためにも当日は万全の体調で行かれることをオススメします。体調が少しでもすぐれないと逆に負のスパイラルに陥ることがあります。お気を付けください。

 

 

御山神社へのアクセス

 

ロープウェイ

「紅葉谷駅」から「獅子岩駅」で下車、そこから徒歩で約30分。

消えずの火で有名な霊火堂に向かって左側にある階段を下りて道なりに、途中から看板の指示に従って約10分。

 

徒歩

体力のない方にはあまりオススメ出来ません。

登頂料や手続きなどはありませんが、道のりは険しくアップダウンも激しいです。片道2時間ほどかかります。色々なコースがあるので気分に合わせて試してみるのも面白いのではないでしょうか。

 

 

今回は広島県廿日市市にある【御山神社】を紹介しました。厳島神社を訪れる人は多いですが御山神社まで行かれる方は少ないと思います。今はロープウェイが整備されたので比較的簡単に参拝することが出来る様になりましたが、昭和天皇がご登頂されたときには険しい山道を歩いて登頂されると思いながら登るとより一層考え深いものがあります。体調が良ければ是非足を延ばして欲しい場所です。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す