【カープ速報8/9】負けない男・大瀬良大地今季初黒星・・・。マジックも消滅

スポンサーリンク

1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 5 1
中日 1 0 0 0 2 4 0 0 X 7 14 0

 

8月9日・ナゴヤドーム・〇中日7対1広島●

昨日点灯したマジックが1日で消滅した。そして今シーズン負けない男・大瀬良大地に遂に土がついた。今日は中日先発大野に好きなようにやられてしまった。それにしても打線も1点では勝てない。そして大瀬良の大乱調・・・今日は完全に投打のバランスに欠いた。一方的に打ち込まれた印象が強い試合となった。次に中日・大野と対戦する時は、倍返しだ。

プロの世界なのだから、同じ投手にやられっぱなしと言う訳にはいかない。しっかり今日のお返しはさせて頂く。今日の勝ちに浮かれてるが良い。次に対戦した時は滅多打ちにするまでだ。首を洗ってまっていろ!!今日はこれ位の警告で勘弁しておこう。それにしてもカープは昨日も1点。今日も1点しか取る事が出来なかった。やはり夏場で疲れが野手陣に出ているか?ここは仕方がない部分もある。1年間を通して、打撃陣がずっと絶好調と言う事はない。

こういった打撃陣が下火の時も当然ある。今、カープ打線は下火だ。こういう時もある。これが打撃陣の底これ以上下はない。それを考えれば、今が1番最悪の状況なのでこれ以上悪くなる事はない。後は如何にこの打撃不振状態から脱出する事が出来るか?ここが非常に重要だ。不振の期間は短いにこした事はない。なるべく早くカープにはどん底から抜けてもらってあとは打ちまくって一気に優勝を決めて欲しい。

今日は大瀬良まで打たれてしまった今シーズンここまで負け知らずの投手だったが遂に打ち込まれてしまった。必ず打たれる時は来る。2013年の楽天時代の田中将大投手がマークした24勝0敗1Sは異次元の世界の記録だ。あんな投球は毎年は絶対できない。あの成績があったので、メジャーでの評価も上がった。ちょっと次元の違う投手だったのはメジャーでの活躍を見れば頷ける。しかし、それにしてもあの成績は近代野球ではずば抜けた成績だった。

その話はおいておき、一度消えたマジックは再点灯させればいいだけの話。今日は消えたが明日点灯する可能性も十分ある。後は、どこまで阪神が粘り切れるか?一気に突き放した時に、昨年の巨人のように大失速するのかどうかも注目の的である。流石に去年の巨人の失速ぶりは凄まじかった。あそこまで失速しなくてもカープが一気に差を広げた時に阪神は堪えきれるだろうか?それによって優勝がいつ頃になるかが決まる。

スターティングメンバー

投手 位置 選手名 防御率
先発 (投) 大瀬良 大地 2.87
打順 位置 選手名 打率
1 (遊) 田中 広輔 0.296
2 (二) 菊池 涼介 0.286
3 (中) 丸 佳浩 0.313
4 (右) 鈴木 誠也 0.304
5 (一) エルドレッド 0.286
6 (左) バティスタ 0.239
7 (三) 西川 龍馬 0.286
8 (捕) 會澤 翼 0.279
9 (投) 大瀬良 大地 0.138

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す