【納涼 洞窟】お盆のドライブには涼しい洞窟へ【3か所紹介】

スポンサーリンク

こんにちは、暑い日が続きますね。

こんな暑い日に外で遊んでいたら熱中症で倒れちゃいます。

プールや海は人も多いし、

泳ぐのあまり好きではないし、

そんな皆様にお勧めなのが「洞窟」

広島近郊だと、山口県の秋吉台秋芳洞や地底ムーバレーなどに
行かれたことがある方は多いと思います。

広島県内にも隠れた洞窟スポットと、
所謂洞窟とは異なりますが涼しい地下洞窟があるので、
本日は3か所、ご紹介したいと思います。

 

尾道市瀬戸田町(生口島)耕三寺「千仏洞地獄峡」

生口島にある耕三寺(こうさんじ)は観光スポットして有名なお寺です。
お寺に入るには入館料(大人1,400円/その他料金設定あり)が必要です。

境内の門から異国の地に降り立ったかのような気分にさせてくれますが、
敷地内にある「千仏洞地獄峡」が目的の洞窟となります。

昭和30年代に作られた洞窟は地下15mに全長350mもの距離。
洞窟内では各種仏像を拝みながら進んでいくものとなります。

洞窟内には仏像だけではなく、絵画なども展示されており、
仏教の世界における「地獄観」などが表現されています。

耕三寺
尾道市瀬戸田町瀬戸田553-2
0845-27-0800
9:00~17:00 年中無休
入館料 個人 団体(10名以上)
大人 1,400円 1,200円
大学生 1,000円 800円
高校生 800円 600円
シニア(65歳以上) 1,200円 1,000円
中・小学以下 無料 無料
別館「潮聲閣」入館料 大人・子ども共 ― 200円

http://www.kousanji.or.jp/old/03kosanji/k_12senbutu.html

 

庄原市東城町(帝釈峡)「白雲洞」

帝釈峡一帯の地底には広大な鍾乳洞が無数にあるといわれ、白雲洞は帝釈峡を代表する鍾乳洞です。
奥行きが200m程あり、鍾乳石や石筍、石柱などが自然のまま保全されています。洞内は常に11℃前後で、夏は涼しく冬は温かです。

「白雲洞」は上帝釈ゾーンに位置し、この鍾乳洞だけでなく
車や徒歩で移動しながら、「雄橋」(おんばし)や
「鬼の唐門」といった鍾乳洞による天然のアートが楽しめます。

帝釈峡山荘に行って釣り堀やそうめん流しといったアクティビティを
楽しむのもいいですね。

白雲洞
庄原市東城町帝釈未渡
08477-6-0062
入場料 大人250円/子供150円
駐車場 300m(徒歩5分)ほど離れています。

http://taishakukyo.com/spot/%E7%99%BD%E9%9B%B2%E6%B4%9E/

 

広島市南区 「大州雨水貯留地」

こちらはマツダスタジアムの地下に潜入!となります。
詳しくはこちらの記事をご参考にしてみてください。

マツダスタジアムの地下に潜入!大州雨水貯留地を見学!カープ坊やマンホールカードもゲット!

いかがでしょうか。

夏の納涼を求めて、地下に潜る。
意外と新しい発見があるかもしれません。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す