【月曜カープコラム7/31】今年のカープのドラフト戦略はどうなるか?

スポンサーリンク

カープは即戦力の左腕投手が欲しい。カープの先発投手陣はタレント揃いではあるが、先発ローテーションは右投手ばかり。ジョンソン投手が唯一の左腕投手。ここがカープの補強ポイントになってくる。今年は社会人の田嶋 大樹投手が社会人ナンバーワン左腕。間違いなくドラフト1位で競合する投手。評価もSランクと即戦力左腕投手としてドラフトの超目玉投手。カープに取っては喉から手が出るほど欲しい選手。投手を取りに行くのなら、田嶋 大樹投手(JR東日本)を競合覚悟で狙いに行く事になる可能性が高い。

宮台 康平投手(東京大学)は大学生左腕の中ではかなり評判が高い。東京大学ではあるが持っているポテンシャルは相当高く、ドラフト1位で消える可能性が高い投手。斉藤 大将投手(明治大学)も評判が高い。東京6大学のなかでは、トップクラスのサウスポー。ドラフト1位で消える可能性が高い。

高橋 遥人投手(亜細亜大学)も非常に評判の高い投手。プロに入って線の細さを解消させれば十分活躍が期待できる投手。即戦力左腕投手では、この4選手が有力視されるが、田嶋 大樹(JR東日本)がスケールでは1枚抜けている。何球団競合するかにも注目が集まる。

野手では、清宮 幸太郎(早稲田実業)安田 尚憲(履正社高校)の2人が高校生野手では将来性が非常に高くドラフト1位候補。清宮 幸太郎選手の注目度が高いですが、バッティングセンスでは、安田 尚憲選手も負けず劣らずの強打を誇る。この2人は高校生野手の中でも評価がずば抜けている。カープとしては即戦力左腕を取りに行くのか?将来性を買うか?ここがドラフトで非常に命運を分ける所で競合の場合は何とか交渉権を引き当てたい。

出来れば、田嶋 大樹投手(JR東日本)を1本釣りしたいところだが先ず無理だろう。複数球団が競合するのは間違いない。そうなった時は完全に運に任せる事になる。ここで交渉権を引き当てられるとドラフトはかなり構想通り進む。田嶋 大樹投手(JR東日本)を競合覚悟で指名する可能性が高い。後は、野手を獲得したいので、2位指名の段階で良い選手がどれだけ残っているのかにも注目が集まる。1位で先ずどうなるかだが、2位以下の獲得選手も注目したい。

まだドラフト会議までは2か月以上も先だが、カープも選手の補強をここでしっかりしなければいけない。この秋のドラフトではとにかく即戦力左腕が欲しい。上手く狙い通りの選手が獲得できるかどうかが大きなカギになる。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す