【高校野球広島県予選】広陵高校おめでとう!いざ甲子園へ

スポンサーリンク

少し遅れて12時過ぎからマツダスタジアムへ向かう。
車を運転しているとすぐに豪雨が。ワイパーが追い付かない。

車を止めて、天気予報とレーダーで確認。
30分ほどで止むだろう、車を改めて発信する。

13:10頃マツダスタジアムへ到着。雨は止んだ。
グランドにはブルーシートがまだ被さっている。

やがてグランドのブルーシートが取り払われ、
両校のアップが始まる。

どちらのチームも明るい。経験豊富なチーム同士だ。

定刻の13時から遅れること1時間と少々、
14時過ぎに試合開始。

1回の表、広陵高校の攻撃。
先頭バッターはヒットで出塁、2番バッターも続く。
しかし、後続はゲッツーなどもあり得点ならず。
その裏、新庄高校にもゲッツーが出て、やはり無得点。

雨が降りそうで降らない、そんな曇天と同じく、
勝利の女神もどちらを勝たせるか迷っているようだ。
3回の表、広陵高校の攻撃。2アウトの後、
「ゴロゴロゴロー」空が唸る。

アンパイアはすぐにタイムをかけ、両軍をベンチに下げさせる。
その3分後ぽつぽつと降り始めた雨は、あっという間に強くなる。

また天気予報とレーダーで確認する。
雨雲の本体は今からやってくるではないか。
これは降雨コールドで中止か?

しかし、勝利の女神は試合続行を選択させる。

3回の表2アウト、カウント1ボール2ストライクからだったと記憶している。
30分ほどの中断があったにもかかわらず、新庄高校有村投手は落ち着いていた。

中断後2球で3回の表を終了させ、攻撃へバトンパス。

広陵高校平元投手も微動だにしない。

両校のエースはどれだけ修羅場をくぐって来たのか?
落ち着き払ったピッチングに、1点勝負が頭をよぎる。

4回の表、広陵高校の攻撃。攻守の要3番中村選手。
打った瞬間それとわかる大ホームラン。

今大会、打撃好調の広陵劇場の始まりだ。
連打が止まらない、守備の難しいところへ打球が飛ぶラッキーも。

そんな中で打ち上がった平凡なレフトフライ。
ん???レフトの動きがあやしいぞ。

ボールは、曇天に吸い込まれた。

青空であれば、白と影のコントラストで見えるボールは、
今日の曇り空で、雲の一部になった。

落球

信じられないが勝利の女神が広陵高校に微笑みを向けた瞬間だった。

この回、一挙6得点。広陵の甲子園がグッと近づく。

4回裏、新庄高校は1点でも返したい。
しかし、広陵のエース平元君は冴えに冴えわたる。

アウトローのストレート、あれは打てない。常時140km/h以上だ。
プロ注目の逸材に偽りなし。

しかし、試合開始から2時間経過した5回。
平元君の状態が崩れる。

コントロールが定まらない。
この緊張感を2時間以上継続させるのは、
伝統校といえど厳しいものがあるだろう。

気持ちが切れたとは見えなかったが、
思うようなピッチングができなくなり、
苦しみ始めたのは見て取れる。

5回裏、新庄高校は2点を返す。

4回以降、広陵高校打線を押さえてきた竹邊投手。
5回、6回、7回と多少のピンチはあったものも無得点で凌ぐ。

ラッキーセブンは、新庄高校に来た。
広陵高校エース平元君がコントロールに苦しむ。

四球、ストライクを取りに来たボールをヒット。
そして長打も。

3点を返して、7回終わった時点で6-5。
広陵のリードはたった1点だ。

もう、どっちに転ぶか分からない。

どちらの応援団も、いやどちらの応援でもないバックネットの観客も、
精いっぱいの声援を送る。
勝利の女神も、両校の戦いを存分に楽しんだのだろう。

9回表、広陵高校が甲子園への扉を開ける集中打を見せる。

「甲子園では、こうやって戦っていくんだ!」

強い意志の伝わる攻撃が、新庄高校の反撃ムードを絶った。

9-5

広陵高校、おめでとう。

そして、彼らにとっては広島県予選はまだ通過点。

頂きを目指して、今日からスタートだ。
新庄高校、ありがとう。

素晴らしい試合でした。こんな試合を観戦できて、
感謝しかありません。

今夜は学校に戻って練習ですか?
ぜひ練習してほしい。まだまだ上手くなる。

人生には取り返せない悔しさはある。そこが悔しいところだが。

そして次なる目標はすぐにはないかもしれない。

だからこそ、練習してほしい。
目の前にある、ボールを追いかけて欲しい。

広陵高校には、広島県の代表として、
甲子園で暴れまわってきてくれることを祈念して。

両校ともありがとう。

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す